小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2017年02月17日

みんながつながって見守りあえるまちにするために「みまもりあいプロジェクト」

昨日は来山会の研修(来山ラボ)と総会に参加してきました。
研修では今年の2月より笛吹市で始まった「見守りステッカー利用支援事業」の説明をして頂きました。http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/kurashi/news.php?id=8367
率直な感想は「非常に素晴らしい仕組みで、大月市でも開始すべきだ。」というものです。
IMG_1694[1].JPG
どんな仕組みかを簡単に説明すると、「フリーダイヤルの電話番号」と「緊急連絡転送ID」の記載がある上の写真の布製のシールを徘徊の恐れのあるお年寄りや障害のある方の服に縫付けておき万が一行方が分からなくなった時等に早期の発見に繋げる取り組みです。
このシールを付けたお年寄りが困った雰囲気を感じた周りの方がこのシールに書いてある番号に電話をかけると、事前に登録しておいた方(家族など2名まで)に自動に転送され、家族に連絡が取れる仕組みになっています。
緊急連絡転送IDの表記があっても個人情報にはあたらず、電話しても非通知設定になっているので電話をしてくれた人の番号も漏れる事がないそうです。
費用は登録時に2,000円と月々300円がかかりますが、笛吹市では初期費用の2,000円と月の半額の150円を行政が負担してくれます。
利用者は年間1,800円の負担でこのシールを48枚もらい、勿論、お年寄りもですが、子供や無くなっては困る貴重品、更には犬や猫などのペットに張り付けておく事で発見の手助けとなります。
大月市でも防災無線で行方不明の方の情報が放送されます。早期発見の手助けとなると思います。
更に昨日、大月市のfacebookページで発信していた犬の捜索にも利用できるかもしれません。

様々な利用方法があると思います。是非検討し大月市でも大々的に取り組みを始めるようにしたいと思います。
まずは、3月議会の一般質問で取り上げます。
昨日の研修に参加した来山会のメンバーが山梨県内各地で一般質問に取り上げます。
全国的に見ても超先進的な取り組みを山梨県から始められるよう来山会のメンバーでムーブメントをおこしたいと思います。
昨晩、一緒に参加していた鈴木基方議員もこの取り組みに対し賛同していましたので相談した結果、私が一般質問をする事にさせて頂きました。
鈴木基方議員の分まで頑張らないと!

見守りステッカー支援事業 (PDF:1.28MB)
みまもりあいアプリについて (PDF:811KB)
みまもりあいプロジェクト (PDF:837KB)

posted by nobuさん at 14:00| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

一般質問・政策形成に使える議会図書室

大月市議会の議員控室の片隅には小さな本棚がありますが、私はそこにある本に一度も手をつけた事はありません。
議員になっていらい、なんでこんな所に本棚があるんだろう、もったいないな〜と思っていたのですが、ある時、この本棚が地方自治法第100条19に書かれている議会図書室の役割を果たしている事を知りました。

全国各地で作られている議会基本条例には議会図書室の充実が書かれていますが、本当に充実させる気があるんだろうか?その必要があるんだろうか?・・・・

そんな中、昨日は、議会基本条例調査特別委員会で国立国会図書館の塚田洋氏をお招きし「一般質問・政策形成に使える議会図書室」と題した講演をして頂きました。
参加対象者は議員全員、事務局と市立図書館の司書の方です。

講演内容は以下の通りです。
1 議会図書室は調査に役立つか
(1) インフラとして整備されているか
(2) 議会独自の情報源になりうるか
2 議会図書室を一般質問に使う
(1) 一般質問に必要な情報とは
(2) 役立つほぼ無料のデータベース

まず、インフラとしては殆どの自治体で整備出来ていない状況が分かりました。
県庁所在市でも図書室の職員は2.6人 更に専任職員は0.1人、司書に関しては0人であるそうです。

議会図書室があっても、どのような本があって、どのような情報があるのかさえ理解できていない現状では役立つ図書室にはなっていないという事です。

さて、一般質問や政策形成を成功に導くには以下の3点の情報を集める事が大切だそうです。
@新聞記事・・・・課題を明確にする争点情報
A法令・統計・・・課題状況を裏付ける客観的な基礎情報
B雑誌・論文・・・争点情報や基礎情報を専門家化がどのように分析・解釈しているのかという専門情報
                            だそうです。
この情報を素早く的確に集めるには司書さんの力が必要です。
予算をかけて蔵書を増やし司書を置く事は現実的ではありません。
今あるインフラでどうやって必要な情報を集めればよいのでしょうか?
そこで様々な提案を頂きました。
有効な情報の集まったインターネット上のHPの紹介をして頂きました。
更に市立図書館や大学図書館、県立や国立図書館の可能性についても提案頂きました。
大津市議会では3大学との連携をしているそうです。
市立図書館の司書の方からは議会からの要請があれば情報を集めて頂けるとの発言も頂く事が出来ました。
さらに終了後、議会事務局の方からは、HPについては有効に活用できそうだとの感想を頂く事ができました。

今回の研修で得た事を議会基本条例の制定や今後の一般質問、政策形成にも役立てていかなくてはもったいないと感じました。
posted by nobuさん at 10:00| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

市議会議長会研修「地方議会人の挑戦 議会改革の成果と課題」

昨日(2月2日)は市議会議長会の研修で甲府のアピオに行き、中邨章氏(明治大学名誉教授、アメリカ国家行政院フェロー)の「地方議会人の挑戦 議会改革の成果と課題」と題した講演を聞いてきました。
講演は非常にわかりやすく多岐にわたるものでした。
先生は基本的に議会を応援するような発言が多かったのですが、地方議会はライオンになれるのにウサギにしかなれていないとの指摘もしておりました。
首長提案の議案は99.3%が可決、予算案は94%が可決しているのが現状ですが、3週間程度の会期日程では時間的に難しい事や、首長のプライドを傷つける事への配慮などがその原因であると言っていました。
更に首長も議会との事前協議や相談折衝、有力議員の配慮(予算に組み込む)などにより、議案や予算を可決するよう工夫?をしているからであるとも言っておりました。
しかし、これからの地方議会はこれまでの妥協と折衝の従来型の政治からガチンコ勝負をしていかなくてはならず、その為には最初から賛成や反対が決まっているような与党や野党という考え方はあること自体がおかしいのだと改めて確認する事が出来ました。

議員の定数については、様々な考え方がある事を示して頂きました。
代表率と言っていましたが、議員一人当たりの人口(人口÷議員数)や議員1人当りの議会予算(議会予算÷議員数)、学校区数という考え方等ですが、常任委員会が機能するには最低8人の議員が必要だと言っていました。
大月市議会に当てはめてみると、代表率(議員1人当りの人口=25500÷議員数14人)は1821人で山梨県の平均は約2700人 長野県の平均は約4000人より少ない事がわかります。
山梨県の平均である2700人にするには議員数を9.4人にまで減らさなくてはなりませんが、旧小学校区は15地区、常任委員会の議員は7人ですので8人には達していませんので慎重に考える必要があると思います。
しかし、本当に必要な事は、議員の数が多くても少なくても議会が市民の役に立つことです。
適切な議員数を議論する事も必要ですが、市民の役に立つ為の議会へと改革を推進する事が大切であると思います。
やっぱり議会基本条例が大切だ〜  「頑張ろう!!」

今日は午後から国立国会図書館の塚田洋氏を講師にお迎えし議会基本条例調査特別委員会主催の研修です。またブログで報告いたします。

posted by nobuさん at 10:35| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

議会と消防団の意見交換会

先週の土曜日、議会だよりの特集ページで連載中の議会と市民の意見交換会に参加してきました。
今回は消防団と議会(総務産業常任委員会)が地域防災の現状と課題についてです。

消防団からは団長、副団長、分団長の参加を頂きました。
冒頭、石井団長から団員の確保が困難である旨の発言がありました。
部長を経験し本来であれば卒団できるのに、再入団しないと人員が足りなくなってしまうという事でした。
私も約10年前に3分団第1部を卒団しましたが、当時はまだ3分団1部大月支部では再入団しなくても大丈夫でしたが、大月支部においても再入団が必要になってしまっているそうです。
大月の中心に位置する大月支部でさえこのような状況ですから市内全域で同じことがおきているという事だと思います。
ではどんな対策があるのでしょう?
東京消防庁や自衛隊のOBへの協力団員の依頼、都留市で行っている消防団員サポート店による消防団員支援、等の意見がでました。人口が減少していく中で根本的な課題の解決策は簡単には見つかりません。しかし、消防団の現状と課題を市議会が知ったという事は意義があると思います。
都留市で行っている消防団員サポート店の仕組みや財源についても調べて消防団に返事をする事になりました。
更に古い消火器の問題、消火訓練の開催についての課題なども議会として考えてみるべき事なのかもしれません。
今日は、議会で議会だよりの原稿作り、意見交換会の報告書を作りました。議長、議会運営委員長とで今回、頂いた意見をどのように扱うのかを決めて頂く為の書類も作成しました。
副団長からも意見や質問に対する答えを求められましたのでしっかりと対応をしなくてはならないと思います。



posted by nobuさん at 16:01| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

来山会企画「ギカイを変えるキカイ」を開催しました。 

一昨日は議会基本条例制定から10年が経過した事や、昨年2月の山梨県議会の流会騒動に端を発した議会基本条例制定に際し、私も所属する来山会(未来の山梨を拓く議員の会)では議会基本条例と住民参加のあり方を考える場となるよう「ギカイを変えるキカイ」と銘打ったイベントを企画し参加してきました。
来山会ギカイをかえるキカイ.jpg

私の政治への興味を抱かせてくださった北川正恭(元三重県知事)の基調講演とJC時代に市長選公開討論会でお世話になった江藤俊昭先生(山梨学院大学教授)のコーディネートによるパネルディスカッションが行われました。
北川先生は地方議会が変われば地域が変わり、日本を変えていくことに繋がるんだという強いメッセージを発信しているように感じました。
中央集権から地方分権へ更に今、地方創生へとステージが変わった事で議会の役割が大きくなったと言われています。
北川先生は最初の講演では議会の役割の変化について丁寧に話されていました。
中央集権時代、県の仕事の8割は国の下請け(機関委任事務)でほとんどの決定権は国が持っていて県や市はその事を執行するのみで、政(まつりごと)は殆どは国に存在し、地方に政治は必要ない時代であった。しかし、地方分権一括法で機関委任事務が全廃されたことで国の下請けでは自己決定が必要になった事で地方にも政(まつりごと)が必要になったのです。そしてそれを担えるのは執行機関ではなく、議会にしか担う事が出来ないという事、まずはこの事をしっかりと認識しなくてはならないと話されていました。
この政(まつりごと)を行う基本的な決めごとが議会基本条例です。
住民意志の反映が出来る議会、議決による政策決定機関として機能する議会になる為に、議会基本条例という有効に機能するツールを作り、住民福祉の向上に寄与する議会にならなければ議会不用論は払拭できないと改めて思いました。
いつも刺激的な言葉で激励をして下さる北川先生の講演は非常に素晴らしい機会となります。
来山会に対しても35人の来山会が本気で変われば山梨は変わるから、会として明確なマニフェストを作成し達成に向けて真剣に取り組まなくてはダメだと大きな課題を頂きました。勝俣会長からはさっそくマニフェストを考えるような提案が出ております。1年後までにそのマニフェストを達成する為に活動を開始しなくていけません。
posted by nobuさん at 05:40| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

山梨県議会議会基本条例 意見聴取会の傍聴

昨日は山梨県議会が制定を目指している議会基本条例の意見聴取会の傍聴にいってきました。
県議会議員以外の一般参加者は意見を発表する人が19人と傍聴者が約30人程、席はほとんど満席になっていました。

NHK NEWS WEB で動画付きの記事で紹介されています。

19人の方々が5分以内で実に様々な意見を発表していました。
前文に昨年2月議会で流会した事の反省を入れるべきという意見が多数でましたが、一方で条例の前文には反省文はそぐわないとする意見も出ていました。
更に次のような意見が出ていました。
「議員間討論や一般会議という議員同士の自由な討論の開催を規定する文言を入れるべき。」
「定期的という書き方ではなく、期間と回数を明記すべき」
「議長選挙においての所信発表と立候補制を導入すべき」
「政務活動費については、政務活動報告書と領収書のインターネット公開をすべき」
「文章をもっと具体的に書くべき」
「文章が抽象的なので解釈多様化しないように逐条解説を作るべき」
「条例制定後の見直し規定を作るべき」
「請願の際、紹介議員と請願者に発言の機会を作るべき」
などなどです。
今、大月市議会で市民との意見交換の際、話し合いで出た意見を議会がどのように扱っているのかを公開する事の大切さを議論していますが、今回の意見聴取会でも「私たちの意見と、その意見に対する委員長の考えを公開してほしい。」という意見がでました。

しかし、一人ひとりの意見を聴いた後、県議会の委員さん方からの質問をする機会があったにも関わらず、だれも質問をせずに終わってしまいました。「意見聴取会」ですから意見を聴いて終わりです。」と言われればそれまでですが、住民の中でも意見が分かれる事もあったので開催方法を検討しなくてはいけないと思いました。

今回の意見聴取会で拝聴した意見を大月市議会の議会基本条例の制定方法(住民参加の手法等)や条文に活かしていこうと思います。

posted by nobuさん at 06:54| Comment(0) | 議会基本条例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

SMILE REPORT vol17 ネットで先行配信!

小林信保 議員活動報告 SMILE REPORT VOL17 が完成し印刷に回しました。
年末年始の休みが入るので1月13日に発送予定だそうです。
スライド1.JPG
スライド2.JPGスライド3.JPG
スライド4.JPG
posted by nobuさん at 17:31| Comment(0) | スマイルレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

意見交換会で頂く意見・質問の取り扱い&反問権

今日の午前中、第15回議会基本条例調査特別委員会が開催され議会基本条例の中でも最大のテーマである市民との意見交換会について話し合いました。
会津若松市議会と那須塩原市議会での視察研修を活かし地域毎の意見交換会を開催したいと考えていましたが、話し合いの結果、基本は、現在大月市議会で年4回行っている各種団体や、機関との意見交換会を活用し磨き上げるという方向に決まりました。
今までは、意見交換をしてその内容を議会だよりに掲載して、頂いた意見や質問を議会としてどのように扱うのかという決まりがありませんでした。
そこで議長と議会運営委員会委員長、常任委員長で協議し、頂いた意見、質問を
@執行部に伝えるべき内容
A議会として受け止め議論すべき内容
B議会として受け止め蓄積すべき内容   
に仕分けして議会として対応し、その事を議会だよりやHPで発信していく事になりました。
更に、議会として議論をするにしても常任委員会で議論すべき内容であるのか、又は政策討論全体会で議論すべきであるのかについても扱いを決定してもらいます。

又、意見交換会は今までの年4回の開催だけではなく、議員5人の賛同があり議長の許可が得られれば臨時に市民との意見交換会が開催できるという方向でまとまりました。

全て決定事項という訳ではなく、条例制定する前にまずはこの取り組みを開始し、有効に機能する条例や規則を作って行こうと思います。

今日は、反問権についての意見交換もしましたが、今日出席した5人(相馬議員、小原議員、藤本議員、鈴木基方議員、私)の議員はすべて反問権に対して前向きな考えを示しておりました。
会津若松市議会では反問権の行使を恐れ、質問を控える事も考えられるという話も出たそうですが、私は、反問権を使われても良いように質問を作りこむようになると思っていますので、是非とも反問権の規定も条例化したいと思います。

次回は、今回の意見交換会の規定を完成し1月の議員定例懇談会で全議員に了解を得て次回の意見交換会からこの仕組みをスタートさせたいと思います。

条例制定まであと何回委員会を開催するのかわかりませんが、具体的な条文の作成はまだ少し先にして、具体的な議会改革の手法について一つ一つ議論していきます。

次は、議決事件の拡大についてかな?

posted by nobuさん at 16:28| Comment(0) | 議会基本条例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする