小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2017年08月23日

産前産後ケアセンターについて 

昨日は来山らぼ(来山会の研修会)で笛吹市に昨年建設された産前産後ケアセンター「ママの里」、公設民営の山梨市開業した山梨市立産婦人科医院、NPO法人みんなの楽校あっぷるが、運営する学童施設の御坂児童センターまつりの視察をさせて頂きました。
IMG_2120[1].JPG
健康科学大学 産前産後ケアセンター「ママの里」

少子高齢化が進む状況の改善策の一つとして全国的にも例のない取り組みである県と市町村が連携して産前産後ケアセンターが開設して約1年半が経過しました。
核家族化が進み、相談相手が少ない状況の中で約10人に1人が産後ウツになっているともいわれているそうですが、この施設では、一人一人の話を時間をかけてゆっくりと聞き、オーダーメイドのケアプランを作り、産後の悩みの解消、更には自身をつけて子育てができるようになってもらう事をめざしているそうです。
対象は産後4ヶ月までの母子で3泊までは公費助成があります。
1泊2食付の利用料金は33,900円ですが内27,800円は県と市町村が助成するので自己負担額は6,100円になります。
IMG_2116[1].JPG
IMG_2117[1].JPG

この施設が出来た時の私の感想は、「近くの人は頻繁に利用出来ていいなぁ、大月に住んでいる人が利用するにはハードルが高いだろうなぁ。」というものでした。
しかし、実際に施設を見て話しを聞いてみて、その印象は大きな間違いである事がわかりました。初めてのお産で体力を使い疲れた状況で家庭に帰り一人で育児をしている状況で、もし心を許せる相談相手がいなかった時、不安に感じるお母さんは少なくない事が想像できます。そのお母さんが助産師さんや保育士さんに相談し、教えてもらいながら安心して過ごせる時間はとても大切なものであると感じました。
その為であれば、大月からの1時間という距離は決して遠いという事はないと思いました。

この施設の県内市町村別の利用状況を見るとバラツキがありますが、この状況は施設の詳細の周知状況の差ではないかと思います。
IMG_2115[1].JPG

妊婦さんには、この施設の存在と利用方法等をしっかりと伝えていく必要があると思います。出産前からの申請が出来ますので予め申請をしておき、利用しないという事も可能であるそうですが、全てが受理されるのかについては市町村により差があるそうです。

出生率の改善にもつながるのか?という疑問には、「こんなに大変な思いをしてまで2人目を生もうなんて思えない。」という人を減らす事にも繋がるのではないか。との話も頂き、その通りであると感じました。

県と市町村で推進協議会を立ち上げ、年間に600人程度(県内の出生者数の1割)の利用を見込みせっかく運用を開始した施設です。利用したい人が利用できるようにしっかりと情報を伝えなくてはもったいないです。
大月市でどのようにしているのか聞いてみようと思います。
IMG_2091[1].JPGIMG_2100[1].JPGIMG_2098[1].JPGIMG_2099[1].JPG
posted by nobuさん at 11:28| Comment(0) | 来山会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

「障がい者就労支援事業」と「桑の葉茶」 「障がい者就労支援事業」と「桑の葉茶」

一昨日は、来山会の研修で市川三郷町で障がい者就労支援事業を行っている「NPO法人 きりあ」の視察をさせて頂きました。
19才から87才という広い年齢層の方々が作業をしていました。
 働いている18人すべてを送迎しているそうですが、一番遠くは甲斐市で送迎だけでも朝夕2時間くらいかかりそうです。
高齢で歩く事や力仕事が苦手な人を若い人が補ってあげたり、互いに助け合うという微笑ましい光景を見る事が出来ました。
今日の作業は封筒の袋詰めと方眼紙の仕分けでしたが、焼きそば等の食料品の製造販売も行っているということでした。
IMG_1935[1].JPG
この「きりあ」さんは、障がいにより企業などに就職する事が困難な下記の方に対し、雇用契約を結ばずに働く場所を提供する就労支援の為の施設です。
現在の給与は時給にすると180円程度、月にすると約17000円、就労支援B型の報酬の平均は14190円(平成24年)ですので、働きやすい環境であるという事が分かりますが、更に2万円に上げる事を目標にしているそうです。
IMG_1941[1].JPG



午後からはで桑の葉を使ったお茶の製造販売を行っている「クワのさと」の視察をさせて頂きました。2008年、創業した頃は生産量が500キロでしたが2015年には15トンにまで増えているそうですが。やっと損益分岐点を超える目途がたった段階だそうです。
しかし、今の工場では生産量が増やせない為に新しい工場の建設も考えているそうです。
IMG_1942[1].JPG
桑の葉は古くから漢方薬として使われていたそうですが、近年、科学的な研究からカルシウムや鉄分、亜鉛、GABA、有用ポリフェノールなどを含むだけでなく、桑にしか含まれない特有成分も発見され健康野菜として注目されているそうです。血糖値の上昇を抑え、糖尿病の改善、血液をサラサラにするなど、生活習慣病の改善が見込まれるようです。
IMG_1943[1].JPG
過去には大月市でもたくさん見られた「桑の葉」を活用した新たなビジネスモデルを発見したわけですが、農地中間管理機構を活用し農地を借り受け耕作放棄地対策としても大きな効果をあげている事を見ても大きな可能性を感じる機会となりました。
posted by nobuさん at 07:04| Comment(0) | 来山会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

桃の里マラソン・萬屋醸造店

昨日は午前中、桃の里マラソン、午後は来山会のブロック(地域)研修に参加してきました。
昨年は選挙もありマラソン大会に参加できませんでしたが、今年の走りはじめは恒例の桃の里マラソンを選びました。お弁当、トン汁がついていてお得感があり、何しろ大月から近いというのがいいですね。
IMG_1014[1].JPG
桃の花も咲き始めていて最高のロケーションの中をスタート、序盤は若干の下りですが6キロ過ぎから12キロ位までは登り坂が続き桃の花を楽しむ余裕もありませんでしたが、下り坂になると桃の花を楽しむ余裕が出て来て非常に気持ちが良いです。
現地では親子3.5キロに出る数組の知り合いに会いましたが大月からも参加している親子もいました。
親子でマラソン大会に出る事は親にしても子供にしても運動を始める良いキッカケになると思います。
マラソンを走った後はすぐ来山会のブロック研修で春鶯囀を作っている富士川町の萬屋醸造店に向かいました。
来山会峡南ブロック研修1.JPG
萬屋醸造店の大きな特徴は富士川町や身延町の契約農家に酒米を作ってもらっている事です。使用しているコメの70%は県内産だそうです。
又、精米も自社で行い、精米後の水分量の調整も納得するまで行っているそうです、ちなみに県内の造り酒屋でも2社ほどしか精米機を持っていないそうです。
大月市でも大月短大の企画で地域の酒米を使って笹一酒造さんで「ツキタン」というお酒を造っています。この酒米づくりが盛んに行なわれるようになれば地域ブランドとして積極的にPRできるようになると感じました。
お酒の味を決めるのは、米の種類や出来、精米歩合、麹、水など、実に多くの要素があります。そのコーディネートをする杜氏さんの役割ってものすごく大変なものなのだと感じました。
posted by nobuさん at 07:53| Comment(0) | 来山会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

来山会定期総会

昨日、来山会(未来の山梨を拓く議員の会)の定期総会が開催され私の会長としての2年間の任期が終わりました。

25歳で被選挙権を得る事を祝う「第二成人式」、政策型の選挙を目指し候補者の政策動画を撮影しネット配信する「NETで主張2014参院選山梨〜動画を見て選挙に行こう〜」、メンバー自らが講師役を務め、各々の地域の課題を共有したり先進事例の紹介をする「来山ラボ」、山梨県内の各地の地域資源を体験・研修を積む「地域研修」等、実に楽しく有意義な時間を過ごす事ができる「来山会」
山梨県内の町会議員、市会議員、県会議員の中でも素晴らしいスキルとやる気を持った仲間の集まり、自民も民主も関係ない超党派の集まりであるこの会の会長を務めさせて頂いた事は非常に光栄であります。
任期の2年間、新たな取り組みの「来山ラボ」を始めたこと等、私なりに工夫をしてきたつもりですが、この会の持つ本当のポテンシャルを十二分に発揮できる運営ができていたかと言えば自信を持って「ハイ」と答える事はできません。
今回の総会で勝俣大紀富士吉田市議を会長とする新しい役員に引継ぎを行い、多くの新入会員を迎え総勢で30名ほどに規模が大きくなる来山会。その可能性は更に大きくなってきています。
これからは直前会長という立場で参加し、未来の山梨を拓く為に活動をし、このブログでも紹介していきます。
今後の来山会の活動にご期待下さい。
posted by nobuさん at 07:03| Comment(0) | 来山会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

小菅村での研修(関東若手市議会議員の会&来山会)

7月21日、22日、小菅村で行われた関東若手市議会議員の会と来山会のコラボ企画の研修会に参加してきました。
人口の推移  昭和50年     現在
小菅村     1328人    732人(55%)
大月市     36984人  26212人(70%)
昭和50年から比べると現在の人口は55%まで減っていますが、最近では人口が増えだしているそうです。

小菅村の総合計画のスローガンは
第1次「山里に展開する愛情に満ちた理想郷 こすげ」 (昭和56年〜平成2年)
第2次「山と川と人で奏でるシンフォニー こすげ」  (平成3年〜平成11年)
第3次「憩い、守り、集う源流の里 こすげ」     (平成12年〜平成21年)
第4次「源流を誇りに、皆が協働するむらづくり こすげ」(平成22年〜平成31年)

第1次総合計画を策定した昭和56年には「源流」という文言は出て来ていませんが水の大切さを認識し多摩源流域としての責任を自覚しの昭和57年には下水道事業に着手し平成6年には下水道普及率が100%になったそうです。
山間の沢沿いに集落が点在しているという点では大月市と同じく公共下水道を導入する事には適さない地形であるにも関わらず、100%を達成した事には驚きました。
昭和62年からは始まった多摩源流祭り、平成3年に始まった多摩源流クリーン作戦
小菅の最大の財産である水、この財産を守り続ける事こそが小菅の活性化に繋がると信じて一貫性のある取り組みを続けているからこそその成果が随所に表れだしてきていると思います。その後策定した第3次総合計画のスローガンに始めて源流という文言が登場します。
以来、源流研究所の設立(H13年)、多摩源流大学の設立(H18年)、NPO法人多摩源流こすげの設立(H21年)、地域おこし協力隊の設置16名(H23年〜)と次々と新たな取り組みにチャレンジをしている小菅村、やっぱりすごいです!!

説明を頂いたのは佐藤教育長さん、村の事を全て理解しているのではないかと思える程
次から次へと話は多岐にわたりました。
説明の合間に名刺交換をさせて頂きましたが、以前、松姫トンネルが開通した事で旧道が閉鎖されているけれど自転車やバイクに乗っている人は旧道を走りたいんですよ!と聞いていたので、小菅ではどうしてるのを訊ねた所、旧道の小菅側は通れるようにしてありますという返事を頂きました。この道も観光の財産として考えているのだそうです。
しかし、小菅側だけが開けても通り抜けができないのでは効果も半減です。大月側でも開けるべきではないかと思いました。
大月市道に編入する事で交付税算定されますのでどの位の収入増が見込めるのか、維持管理費用がどの程度かかる事が予想されるのかを聞いてみようと思います。小菅では雪が降ったら閉鎖してしまい、雪かきなどの対応は考えていないそうです。

翌日は、NPO源流こすげのプログラム、源流体験をさせて頂きました。
台風の去った後ということでいつにも増して水が澄んでいるという事でした。
真夏でも木漏れ日が少ししか当たらない中、水温は約15度、つかり続ける事は出来ないほど冷たく、童心にかえり水のかけあいをしたり、滝つぼに飛び込んだり、と楽しみながら水を守ること、森を守る事の大切さを教えて頂きました。
源流体験4.jpg源流体験5.jpg源流体験.jpg源流体験3.jpg
小菅川は小河内ダム(奥多摩湖)に注いでいますが、森が荒れる事なく落ち着ていつのでダムへの土砂の堆積が他と比べると10分の1程度と非常に少ないそうです。
posted by nobuさん at 11:25| Comment(0) | 来山会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

来山会 定例研究会「第1回 らいざん・ラボ」

昨晩は、県立図書館で来山会の新たな試みである毎月の定例研究会「らいざん・ラボ」を開催しました。毎月1,2名のメンバーが講師となり各自が取り組んだ自治体の課題に対する事例発表を行いメンバーと情報共有しさらに研究するという企画です。
メンバーそれぞれが各自治体の解題を改善する為に研究した内容ですので、他のメンバーは各自の自治体に置き換え、他のメンバーの考えを聞きながら検討する事ができるようになります。
昨晩は私と笛吹市議会の志村直毅議員が発表者でした。

私は厚生労働省が示している病院の経営状況の指標がありその使い方と不妊治療費助成制度についてプレゼンを行いました。
昨日の参加者は笛吹市、山梨市、甲州市の議員で、自治体で病院を抱えていないのであまり参考にならないという状況でした。
不妊治療については国の考え方県内の助成の状況一覧を示し、説明を行いました。
不妊治療は県の助成とそれに上乗せして各自治体が助成を行っていますが、同じ申請を県と市に別々にしなくてはならない事は、二重行政の弊害であると言えるのではないか?という切り口でのプレゼンをさせて頂きました。

笛吹市議会の志村直毅議員は、県内で起きている、医療費助成窓口無料化の助成対象を競うように拡大していく事は人口減少社会の中において、本当にすべき事なのか?という切り口のプレゼンでした。

定例研究会では基礎自治体の議員と県議会議員がいるという来山会の長所を活かし、県や単独の自治体ではできない議論や行動を積極的に行っていきたいと思っております。

定例研究会は毎月第3火曜日に開催で一般の方にも公開して行きますので皆さんも参加してみてはいかがでしょうか?昨晩は大月市から2名、群馬県から1名の方に参加を頂きました。
posted by nobuさん at 09:21| Comment(0) | 来山会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

未来の山梨を拓く為に超党派の議員の集まりは何をすべきなのでしょうか?

先日、未来の山梨を拓く議員の会(来山会)に公職研という編集社が発刊している『地方自治職員研修』5月号への寄稿依頼がきました。
主に自治体の職員の方や議会人が対象で、地方自治体をとりまく情勢や実務・理論を取り上げる雑誌です。その中に、地方議会による議会改革や議員個人・議員グループでの議会・地方政治を盛り上げる活動について取り上げているコーナーがあり、そこに私達、来山会の活動を紹介するものです。

私も原稿の一部を書かせて頂く事になると思いますので、来山会の活動について頭の中を整理しようと思います。

未来の山梨を拓く為に超党派の議員の集まりは何をすべきなのでしょうか?

そもそも山梨県を拓くって何?

経済を発展させること?
出生率を上げること?
交流人口を増やすこと?
安心して暮らせる環境を作ること?
住民満足度をあげること?
山梨県が持続可能なコミュニティーになること?・・・・・

来山会がやるべきことってなに?

来山会の特長は複数地域の県会議員と複数地域の市町村議会議員が山梨の事を議論する事ができること

二重行政の弊害ってあるの?

例えば医療?
県立病院と市立病院ってどんな役割分担をしているの?
県が持つ意味、市が持つ意味を考える必要はあるのでは?
こんな議論はだれがするの?

たとえば少子化対策?
不妊治療費に対し山梨県も市町村も補助金を出している。何で2回も申請しなくてはならないの?
県と市が別々で補助を出す意義を考える必要があるのでは?
こんな議論はだれがするの?

こんな議論の結果、山梨県にも各市町村にも明らかなメリットがあると結論が出たなら、
来山会のメンバーが、各議会で一斉に行動を起こす事で何かを変える事ができるようになるんじゃないかな。

来山会にしか出来ない議論、発信、行動
その論点を見つける事が必要なんでしょうね。

posted by nobuさん at 14:44| Comment(0) | 来山会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

第2成人式・一日議員体験

昨日の新聞の2面に第2成人式・一日議員体験の記事が出ていました。
第2成人式(山日).jpg
今回で3回目を数える第2成人式、最初は甲府のメンバーが担当し2回目は郡内の担当、そして今回は事務局長である志村直毅さんをはじめとする峡東地域のメンバーが担当として企画して下さいました。
来山会の前会長の長沢さんと鮫田の所属する富士川町議会では前回、無投票でありました。今年、大月市議会でも選挙の年ではありますが、特に求められている立候補若い世代の立候補の噂が少ししか聞こえてきません、又、大月市議会には女性議員が1人もおらずその登場が心待ちにされています。
そんな中、政治や選挙を身近に感じてもらう為に、今回の第2成人式は県立図書館に仮装議場を作り政治に興味がある人に議員体験をしてもらいながら議員のあれこれを質問してもらおうという企画でした。
議員体験をした方は5名からは記事にもあるとおり「議員になって感じた理想と現実の違い」などの興味深い質問が出たそうです。
私は会長でありながら当日は大月でどうしても外せない用事があった為、設営と懇親会のみの参加しかできませんでした。「メンバーの皆さん大変申し訳ありません。」

私はこの未来の山梨を拓く議員の会(来山会)に入って活動をさせて頂いていますが、この会のメンバーの皆さんの力量の高さには非常に驚かされます。
年末年始の衆院選の解散によるネットで主張2014衆院選やまなしと知事選の企画や統一地方選の年である事からメンバー自身も選挙活動もあり、皆さん忙しく集まる事もままならず今回の第2成人式も2回程度の打ち合わせで素晴らしい企画を作り上げ実行してしまいました。今年からはメンバー各自が年に1回は講師になり月例の研修会も行う予定となり益々活発な活動を展開して行く事が出来そうです。
今後も「未来の山梨を拓く議員の会(来山会)」の活動にご注目下さい。
posted by nobuさん at 09:54| Comment(0) | 来山会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする