小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2014年11月10日

第1回おつけだんごコンテストinつきの市

11月9日 つきの市会場でおつけだんごコンテストを開催しました。

5人の挑戦者に2000円の材料費(5人✕2000=1万円)を支給しおもいおもいのおつけだんごを大鍋一杯(お椀で20杯程度)作ってもらい。どのおつけだんごが一番美味しいかを競いあうというものです。

つきの市会場にきていただいたお客さんに5種類のおつけだんごをセットで500円で限定20セットの提供(500円✕20セット=1万円)を予定しました。
はじめての企画だったので控えめに20セットと設定を低めにしましたが、当日は富浜地区その他で多くのイベントが開催されていたせいでつきの市会場への人出も少なくようやっと20セットの提供ができたという状況でした。
この写真がセットで提供したおつけだんご5種類です。
おつけだんごコンテスト2.jpg
昔懐かしいおつけだんご
きりたんぽ風おつけだんご
八海山の酒粕おつけだんご
富士山おつけだんご
豚塩おつけだんご

結果は宮谷にお住いの相馬さん(昔懐かしいおつけだんご)が見事に初代マイスターに認定されました。副賞は市内のおつけだんご提供店での飲食チケット(1,000円)ですが今後は副賞の金額をもう少しアップしたいと思います。
IMG_4245[1].JPG
今回、5種類のおつけだんごを食べて頂いた方の感想
・量が多すぎて食べきるのが大変だった。
・どれも美味しく甲乙がつけがたい
・家族4人で2セット頂いたが皆、楽しくお腹いっぱいになった。   等

次回からは、カップを小さくしておつけだんごの量を少し減らし、料金も少し安く設定する等の改善をしようと思います。

コンテストの挑戦者は随時募集中!参加費を700円頂いております。
【参加費内訳:一回のイベント開催に要する経費(副賞飲食チケット、カップ、箸、印刷費、出展費等)約3500円÷5人=700円】
posted by nobuさん at 09:14| Comment(0) | おつけだんご・NPO法人大月すたいる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

『“私の作ったおつけだんごがNO1だ!コンテスト”inつきの市』挑戦者募集!!

告知です!!!

「私の作ったおつけ団子は美味しいよ〜!」という皆さんのご参加をお願いいたします。

目的は家庭の味、おつけ団子の良さ・美味しさの再発見です!


開催要項

『“私の作ったおつけだんごがNO1だ!コンテスト”inつきの市』挑戦者募集!!
日 時:平成26年11月9日(日)9:00〜12:00(以後 毎月開催)
場 所:つきの市会場(富浜町宮谷地内)
定 員:先着5名
参加費:¥700円【カップ・箸代、出展料、優勝者への副賞(食事券代)に使います】
申込み期限 10月31日(前月の月末)

内 容
挑戦者には材料費として2,000円を支給しますのでおつけだんご20杯程度を作って提供して頂きます。
優勝者にはおつけだんご提供店の飲食チケット進呈(¥1000円分)
問い合わせ・申し込み先 大月市おつけだんごの会 小林 090−3095−0104

来場者の方には味見券¥500円(5杯分1セット)を購入頂き5種類のおつけ団子をご賞味いただき美味しいと思う物に投票をお願いいたします。
尚、味見券は先着20セットの販売となります。
posted by nobuさん at 04:27| Comment(0) | おつけだんご・NPO法人大月すたいる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

大月すたいる解散/大月ヘルスツーリズム

昨日、PM6:00 大月すたいるの定例連絡会がありました。
そこで報告を聞いたのですが、大月すたいるは今年の夏をめどに解散する事になったそうです。その理由は、事業の計画はあったもののそれを行動に移す人の確保が出来なかった事のようです。
やる気のある人を集める事、またそのモチベーションを維持し続ける事の難しさをまざまざと見せつけられる結果となってしまいました。残念です。
大月短大性が知恵を出し合って計画を作ってくれた大月ヘルスツーリズムについても可能性を感じられる企画になってきているし、その中で大月すたいるの役割も明確になりつつある時点でのこの解散という結果は本当に残念です。
しかし、これから夏までの間に私もやってみようという方が出て来てくれれば新たな会を作る事も出来るかもしれません。これまでの大月すたいるの活動を無にしてしまうのはもったいないと思います。

この大月ヘルスツーリズムは、大月の人だけでは無く東京や山梨の企業で働くメタボの方や健康に気をつけ出す世代の人に大月の山での健康トレッキングを企画したり、日々の健康管理についてプログラムを作成したり、目標設定をしたり、講座を開いたりしながら生活改善をしてダイエットや健康増強に結び付け、大月の山にただトレッキングにでかけるだけでは無く、付加価値をつけ商品として売り出すという事であると思います。
又、この企画の中で結果に結びつくかどうかは定かではないですが、その販路の開拓についても考えているという点は、学生さん方の実現へむけた熱意を感じます。
なんとか形にしていきたいです。
皆さん、話し合いの輪に入ってみませんか?
posted by nobuさん at 11:56| Comment(0) | おつけだんご・NPO法人大月すたいる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

東京マラソン2014 走ってきました。

平成26年2月23日(日) 東京マラソンに出場してきました。
昨年、11月に富士山マラソンに出てサブ4を達成し今度はサブ3.5を目指すのか?と思いきや、1月のおつけ団子の会の新年会でおつたろうの着ぐるみを着て東京マラソン出場が決まり、おつたろうでサブ4へと方向転換する事になりました。

そもそもおつけ団子の会の目的はご当地グルメ(おつけだんご)を使った地域おこしであり、B-1グランプリ出場もおつけ団子を提供しながら、富士の眺めが日本一美しい街、大月の山々や日本三奇矯の猿橋等のPRをして、大月市に訪れてもらいたいというのが目的であります。
今回は、3万6千人が出場し、沿道には数十万人の観客がいてメディアの露出度、注目度も非常に高い東京マラソンで山梨県大月市の大月おつけ団子をおつたろうというゆるキャラを使ってPRするというのが大きな目的であります。

この着ぐるみはおつけ団子の会の事務局の女性の手作りで芯は新聞紙をボンドで固めるという方法で費用はほとんどかからないというシロモノです。

まずは、制作からゴールまでの簡単な動画をご覧ください。


さすが東京マラソン!!、走っている沿道からの声援は物凄い物がありました。

沿道から 「おつたろう〜 がんばれ〜!」
おつたろう「ありがとう!」

沿道から 「あっ あれなに〜?」
「何か分からないけどゆるキャラ頑張れ〜!」
おつたろう「おつたろうって言うんだよ〜!」

25キロ位までは元気でこんな会話を楽しんでいました。

それから、ハイタッチの楽しい事 楽しい事!
いったい何人の人とハイタッチをしたことか?

そしてボランティアーの方々の暖かい事!皆が笑顔で声援を送ってくれます。
25キロまでは設定ペースで走り続けましたが、27キロ付近に差し掛かり太ももの前の部分がきつくなってきました。いままでは先にふくらはぎの方に疲労感を感じて攣ったりするのですが今回は異例です。やっぱりかぶりものをしたせいで走り方が後傾していたのかもしれないと後で思いました。
28キロ、茅場町付近では大学のサークルの後輩の女の子が応援してくれ非常に嬉しかったです。
さあ、きつくなってからがフルマラソンの始まりみたいな物です。
ここを凌いでいれば又、足が動くようになるかも?という期待を込めて頑張ります。
エイドで配られるスポーツドリンク、梅干し、チョコパン、私設エイドではコカ・コーラ、おにぎり、自分で携行していた塩飴などを手当たり次第に口に入れ、ペースを落として回復を待ちましたが、回復の兆しはなくすぐそこにビッグサイトが見えてきてしまいました。するとそこにはわざわざ大月から応援に駆け付けてくれたおつけ団子の会のメンバーがのぼり旗を持って待っていてくれました。本当にありがたい事です。
結局、足は最後まで回復する事はなく、目標タイムであったサブ4(4時間切り)には遠く及ばず4時間20分という結果に終わってしまいました。
ゴールした後には、読売新聞の記者さんから取材を受け、その事が読売新聞オンラインに掲載されました。http://www.yomiuri.co.jp/running/feature/20140223-OYT8T00825.htm
(ここでもPRが出来ました笑)

タイム的な目標は達成できませんでしたが、山梨県大月市、大月おつけ団子のPRは十二分に出来たのではないかと感じています。
約10倍の確率でしか当選できない東京マラソンに始めて応募し運よく出場出来て、しかも沢山の方々から応援してもらう事が出来た事は非常にありがたい事であると思います。
1人で大月から出場してタイムだけを狙って走るよりも数倍の経験と効果と感動を得る事が出来たと感じています。
大月の豪雪の爪痕が残っている状況の中で市議会議員という立でありながら被り物をして東京マラソンに出る事に若干のためらいもありましたが、出場して良かったと感じています。
東京マラソンは他には無い、独特の雰囲気を持つ素晴らしい大会であります。次回はいつ出られるか解りませんが出てみたい大会になりました。
ボランティアーの皆さん、応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。
posted by nobuさん at 08:51| Comment(0) | おつけだんご・NPO法人大月すたいる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

B-1グランプリin豊川

平成25年11月9日〜10日 愛知県豊川市でB-1グランプリが開催されました。

前日準備と前夜祭があるので8日の朝、大月市を出発して豊川に出発!
車で約4時間で到着、その後、ブースの設営をしてから前夜祭!
今回の前夜祭はなんと豊川稲荷の境内で行われました。
屋外での前夜祭なんて思い切った企画ですよね〜!
雨が降ったらどうするつもりだったのか?
しかし 外だからできたのが「手筒花火」
すごく綺麗でした!!!
IMG_3294[1].JPG

ホテルに戻ろうと電車に乗るとそこで偶然、トリオザポンチョスの三人とばったりお会いできました。
ラッキー!!!
IMG_3300[1].JPG
トリオザポンチョス オフィシャルサイト
http://toripon.com/index2.html


今回の新たな試みは、顔出しパネルとおつけだんご物語の紙芝居と秀麗富嶽十二景、猿橋の写真の展示です。
大月の誇れる風景と見てもらって、おつけだんごを食べて頂く!
大月おつけだんごのブースを仮想の大月市として考え展示をしました。
IMG_3309[1].JPG

ブース前での隠密ニャンコ隊&おつけダンサーズのおつけダンス

動画では殆どおつけダンサーズしか映っていませんが、猫のかぶりものをかぶったかわいいニャンコが五匹いたんです。

今回の大会には二日間で58万人ものご来場者がお越しくださいました。
その方達に大月市をPRしながら、おつけだんごを召し上がって頂き、そしていつかは大月市を訪れて頂けるようにおもてなしをさせて頂きました。

昨年に引き続き
大月短大の学生さん達
市の職員の方々
材料の仕込みをしていただいた切り出し隊の皆さん
この沢山の応援を頂きながら過去最高のおもてなしが出来たと思います。
本当に楽しい三日間でした。
皆さん 本当にありがとうございました。
IMG_3313[1].JPG
posted by nobuさん at 06:42| Comment(0) | おつけだんご・NPO法人大月すたいる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

B-1グランプリin勝浦

9月27日(金) 朝7:30 集合 トラックに荷物を積み込みいざ勝浦!!

28日〜28日に千葉県勝浦市で開催されるB-1グランプリin勝浦に大月市おつけ団子の会のお手伝いに行ってきました。

勝浦について昼食を済ませ会場設営。ブースの設営をしてから前夜祭です。
IMG_3087[1].JPG
毎度おなじみトリオザポンチョスの歌を聞くと気分が盛り上がってきます。

それはそうと、宿ですが「クロエム荘」
実は、十数年前、JCの旅行で勝浦に来た時、松部の和八丸という釣り船でかもし釣りをしてから、捌いて食べたいと思い、近所の民宿を紹介してもらったのが偶然にも今回おせわになった「クロエム荘」さん、料理が最高に美味しかったです。
IMG_3104[1].JPG

さて開会式、私の役目は開会式の壇上に上る役、紹介されてから一言だけ決意を言って登壇という流れ。
壇上には千葉県知事の森田健作さん!
森田健作知事といえば懐かしいドラマ「俺は男だ!」の中での「吉川くーん」というフレーズ。
聞きたい!! 何とかして言ってもらいたい! 頭を使え!考えろ! 

登壇してマイクを持って自己紹介、
「山梨県大月市から来ました、おつけ団子の会の芸名 ヨシカワ です。知事にお願いがあります。僕の名前を呼んでください!」
するとカンパツ入れずに知事は「吉川くーん!!」と期待以上の反応!
そして握手をさせて頂きました。
その後、おもてなしをして勝浦を盛り上げま〜す。と宣言しました。

そして開幕!
人口2万人の町に12万7千人の方が来てくれました。
大月をPRして、おつけ団子を提供して、精一杯おもてなしをしてきました。
楽しかった〜!!
ちなみにゴールドグランプリは、「甲府鶏もつ煮」 さすがです。
IMG_3111[1].JPG

今度は、11月9日・10日の全国大会「愛知県豊川大会」です。興味がある方は一報ください!
posted by nobuさん at 07:10| Comment(2) | おつけだんご・NPO法人大月すたいる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

愛Bリーグ関東支部会議in大月

1月26日(土)
大月市に関東愛Bリーグ(B−1グランプリ等を企画運営する団体)に加盟している団体の方々にお越し頂き大月の観光を楽しんで頂き、その後会議を行いました。
まずは猿橋で観光ボランティアーの根岸さんの紙芝居を見させて頂きました。
娘の旦那さんまで手伝って家族で作った作品だそうです。
IMG_2234[1].JPG


その後、案内を聞きながら猿橋を堪能していただいた後、昼食は大黒屋さんでおつけ団子と炊き込みご飯のセットをいただきました。
団子が沢山入っていて美味しかったです。
大黒屋さんHP http://www.navi-city.com/daikokuya/

続いて、真木のお伊勢山に上る予定でしたが、冷え込みが厳しく道が凍っているため真木の弥生の里の2階から富士山を眺めて頂きましたが、富士山の山頂付近の雲がとれず、くっきりとした姿は眺める事が出来ませんでした。
お伊勢山五福の里:大月市真木の案内HP http://www.shinkoh-dc.co.jp/KANKO/TopMenu.html

最後は、笹一酒造を案内させていただきました。
案内をしてくださった社員の方の語り口調は非常に軽快で楽しかったです。
笹一酒造HP  http://www.sasaichi.co.jp/

その後、商工会で会議、石井市長に挨拶をいただきました。ありがとうございました!
IMG_2239[1].JPG

そして松葉で懇親会!
愛Bリーグの広報局長の佐竹さんとお話しさせて頂きましたが、愛Bリーグに対する思いが込められていて非常に熱い思いを感じました。愛Bりーグのスピーカーという存在なんだと感じました。
IMG_2244[1].JPG

泊りは金の森山荘宴会の後ですが、おつまみにヤマメの刺身を出して頂きました。
なかなか食べる事の無いお刺身はシコシコしていて美味しいと好評でした。

私は、翌日が駅伝だったので、11時まで一緒に懇親を深めてから帰宅しました。

あの酒盛りは何時まで続いたのだろう?明け方までかな〜?

翌朝、7時の電車に乗りたいという方がいたので、6時に朝食の用意が出来ますかと聞いてみると、快く応じてくれたので非常に有難かったです。
金の森山荘HP http://www.kananomori.jp/
posted by nobuさん at 06:43| Comment(0) | おつけだんご・NPO法人大月すたいる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

関東・東海 B-1グランプリで「ブロンズグランプリ!」トッタどー!!

11月23・24・25日と大月市おつけ団子の会のメンバーとしてご当地B級グルメの祭典”関東・東海B-1グランプリin甲府に参加してきました。
おつけ団子の会は今回、地元山梨開催という事もあり非常に気合が入っていて、ここに至るまでに石井市長を名誉隊員とする「おつけ団子を応援し隊」や「おつけ団子踊り隊」の結成、大月市産業観光課のご協力を頂き、広報おおつきと一緒にチラシの全戸配布、商工会の山梨県支部へのPR、駅頭でのチラシ配布、大月短期大学の先生方や学生さんのボランティアーの協力などなど 皆様のご協力を頂きながら数えてもキリが無いほどのPRを行ってきました。
おつけ団子の会はこれまで5年間B-1グランプリをはじめとする様々な大会に参加し続けてきました。
しかしながらなかなか入賞にはいたらず、そろそろ結果が出なければモチベーションも下がっていってしまう心配も出てきていて、この地元開催はB-1グランプリで優勝を目指す最大のチャンスであると位置づけ活動をしてきました。

そしてむかえた大会当日の開会式
私は、おつけ団子ののぼりを手に参戦してくれた各地の団体の方々と共に開会式典の舞台の上に立たせていただきました。
IMG_1974[1].JPG
B-1グランプリのテーマソングで盛り上げて大会がスタート!


今回のおつけ団子のブースのテーマは「おもてなし」です。

動画の最後の「笑顔」を是非 ご覧ください!



おつけ団子の会では初日、目標を大幅に上回る2,500杯を提供させていただく事ができました。
これでは明日の分が足りなくなるという事で野菜は山口会長の母やその知り合いに切っておいてもらいました。
団子は我々メンバーが大月に帰ってから作り出し、深夜1時近くまでかかり用意しました。
2日目は用意しておいた2,500杯を3時頃には完売し提供を終了させていただく事になりました。

今回は、わざわざ並んでいただいている方々をなるべく退屈させないように大月の観光スポットのパネルや案内パンフレットを並べたりして、手にとって読んでもらうような工夫をしてみました。

しかし最大で約60分の待ち時間を作ってしまった事はお客様にストレスとなったと思います。
もっとスピーディーに提供し、待ち時間を減らし、もっと多くの方々におつけ団子を食べていただく事が必要だと感じました。

そして迎えた閉会式

結果発表
1位 ゴールドグランプリ 勝浦タンタンメン船団
2位 シルバーグランプリ 三浦まぐろラーメンズ
3位 ブロンズグランプリ 大月市おつけだんごの会

やりました!!おつけ団子が3位 ブロンズグランプリを頂く事が出来ました。
これも大月の皆様、山梨県内の皆様、おつけ団子を食べに来てくれた皆様のおかげです。
皆様の応援のおかげでとっても素晴らしい結果を残すことができました。
皆様に心からお礼申し上げます。「ありがとうございました!!」

IMG_1991[1].JPGIMG_1997[1].JPG


山口明秀会長や小俣亨理事長は壇上で男泣き!!感動しました。

IMG_2003[1].JPG

でも本当はちょっと悔しい!ゴールドを獲りたかった!









posted by nobuさん at 14:43| Comment(0) | おつけだんご・NPO法人大月すたいる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする