小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2016年11月25日

第9回大月市秀麗富嶽十二景山登り「小金沢山・牛奥の雁ガ腹摺山」

11月23日、2名のガイドさんを含む総勢13名で第9回大月市秀麗富嶽十二景山登り「小金沢山・牛奥の雁ガ腹摺山」に行ってきました。

小金沢山は標高2014m大月市で一番高い山、更に牛奥の雁ガ腹摺山は日本一長い名前の山だそうです。

      小金沢山     
P1030093.JPG

      牛奥の雁ガ腹摺山
P1030104.JPG


ルートは日川渓谷小屋平(石丸峠入口)から石丸峠〜狼平〜小金沢山〜牛奥の雁ガ腹摺山〜ペンションすずらん
当初の予定では黒岳から大峠へと下る予定でしたが、天候が悪かったので少し短縮しました。
IMG_1549[1].JPG


牛奥の雁ガ腹摺山でお弁当をお食べていたら首に発信機のようなものを付けた犬が現れびっくり!
P1030100.JPG

石丸峠手前の一面の都笹です。
P1030089.JPG

あいにくの空模様で山頂付近では富士山どころか周りの景色もほとんど見えませんでしたが参加いただいた方からはなかなか来る事が難しい山なので来られて良かったと言っていただきました。
P1030090.JPG

今までに企画した山は以下の通り
第1回 雁ガ腹摺山 お伊勢山
第2回 大倉高丸 ハマイバ丸
第3回 笹子雁ガ腹摺山
第4回 奈良倉山 鶴根山
第5回 高川山
第6回 滝子山
第7回 倉岳山・高畑山
第8回 清八山 本社ヶ丸
第9回 小金沢山 牛奥の雁ガ腹摺山

大月市秀麗富嶽十二景で登っていない山は扇山、百蔵山、九鬼山の3山となりました。
次回は来年の5月の予定です。
posted by nobuさん at 17:16| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

秀麗富嶽十二景 第八回山登り「清八山・本社ケ丸」

5月22日 清八山・本社ケ丸へ登ってきました。

ルート
7:30出発(車)〜河口湖IC〜御坂みち〜登山開始(三ツ峠登山口駐車場:標高1300m)〜(大幡八丁峠)〜(清八山:標高1593m)〜(清八峠)〜(本社ケ丸:標高1630m)〜(清八峠)〜下山(笹子発電所:標高900m)〜(車)15:20大月着

参加者は過去最高の15名!!
P1020121.JPG
車で送り迎え(三つ峠登山口までの送りと笹子発電所までの迎え)をしてもらってのビップな登山! 
三つ峠登山口〜清八山〜本社ケ丸までの登りの標高差は330m、本社ケ丸〜清八山〜笹子変電所までの下りの標高差は730mと登り始めの標高が高いのでわりと楽な設定の登山でした。
P1020115.JPG

ところどころに急な岩場もありますが・・・
P1020124.JPG

天気は最高!ミツバツツジは満開!
私も写真家になったつもりで富士山を撮影してみました!
P1020120.JPGP1020117.JPGP1020127.JPG

やっぱ「富士の眺めが日本一美しい街 おおつき」を実感!!
posted by nobuさん at 06:22| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

秀麗富嶽十二景 第7回山登り「倉岳山・高畑山」

朝7:40分に大月駅に集合し7:52分の高尾行きに乗り込み10分で梁川駅へ
集まったのは私を含め全部で10名
目指すは倉岳山と高倉山

今日のコース
倉岳山・高畑山案内図.png

自己紹介と準備運動をして出発!
IMG_0543.JPG

A登山道の入口です。
IMG_0548.JPGIMG_0544.JPGIMG_0547.JPG

あいにくの天気でしたが、しっとりとした雰囲気の中を登っていきます。
IMG_0550.JPGIMG_0549.JPGIMG_0551.JPG

B水源? 水は無かったと思うんだけど・・・
IMG_0554.JPG

更に歩くとこんな物が!
IMG_0557.JPGIMG_0558.JPG
QRコードで検索すると・・・

こんな道案内が見られます。
━━━━━━━━━━
◎道案内
━━━━━━━━━━
■行き
▼倉岳山山頂まで約55分
⇒立野峠まで20分ほど、その後尾根道を抜け、急坂を登れば頂上です。
━━━━━━━━━━
■帰り
▼倉岳山登山口まで約40分
▼登山口から梁川駅まで約20分
━━━━━━━━━━
□縦走
▼高畑山まで倉岳山経由で約1時間45分
⇒尾根道ですがアップダウンはあります。
━━━━━━━━━━
□電波の届く方
⇒位置情報はこちら(携帯機種によっては読みとれない場合があります)
http://www.city.otsuki.yamanashi.jp/kanko/keitai/tozanjoho/9ban4.html

C立野峠の看板
IMG_0560.JPG
IMG_0559.JPG

ここからは尾根づたいに登りますが、最後は非常に急な登坂です。

D倉岳山山頂
IMG_0571.JPGIMG_0565.JPGIMG_0562.JPG

E穴路峠を高畑山方面へ
IMG_0583.JPGIMG_0579.JPGIMG_0578.JPG

F高畑山山頂12:00着
山頂には30人位の方がいらっしゃいました。山のベテランの方も「こんなに人がいるのをはじめて見た。」と言っていました。
IMG_0584.JPGIMG_0586.JPGIMG_0595.JPG

Gしばらく下ると突き当りになり休憩タイム
IMG_0600.JPG
穴路峠方面へ少し登ると石仏があります。
IMG_0596.JPG

ここからはとても綺麗な沢沿いに下って行きます。
IMG_0603.JPGIMG_0602.JPG

H小篠の貯水
綺麗な水と紅葉が楽しめます。
IMG_0605.JPG

I堀之内に渡る橋を通り、鳥沢駅へ
IMG_0606.JPGIMG_0607.JPG

posted by nobuさん at 13:39| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

「シオジ森の学校・秋のトレッキング」と「富士・鳴沢紅葉ロードレース」

一昨日(10月25日)、シオジ森の学校のスタッフとして「シオジ森の学校・秋のトレッキング」に参加してきました。

参加者が全部で19名、小学2年生から中学生、高校生、大学生、社会人、お年寄りと各世代の人が集まりました。
コースは大峠〜〜シオジの森〜大峠、約6時間です。

大峠を出発して雁ケ腹摺山までは登りが続きます。時間的には早い人で1時間、ゆっくり上って1時間半程度です。
大峠の駐車場と雁ケ腹摺山山頂からの富士山です。
IMG_4189[1].JPGIMG_4190[1].JPG
     大峠から             雁ケ腹摺山から
どちらも綺麗ですが撮影した時間が早い大峠の方がくっきり見えますね。

山頂はこのように広く富士山に向かって視界が開けていてお弁当を食べるのにはぴったりですが今日はまだお昼には早いので休憩にとどめました。参加者の方から頂いた柿が最高においしかったです。

写真を見ていただければわかる通り、最高の天気に恵まれ、赤、黄色、緑、青、白すべての色が輝いて見えます。
IMG_4201[1].JPGIMG_4203[1].JPG

昨日(10月26日)は富士・鳴沢紅葉ロードレースのハーフマラソンに参加してきました。
タイムは1時間50分、不本意な結果となりました。
2週間前の練習中にふくらはぎを痛めまったく走れなかったのですが、ここまで走れなくなるとは思いませんでした。今週末は大月で開催される初のトレイルランに挑戦しますが不安がいっぱいです。ケガなく走り切れるように調整に努めます。


posted by nobuさん at 04:59| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

「シオジの森で虫探しをしよう」

昨日は、シオジ森の学校の「シオジの森で虫探しをしよう」へスタッフの一人として参加してきました。


シオジ森の学校のパンフレットです。
シオジ森の学校 パンフ裏.pngシオジ森の学校 パンフ表.png

講師は、昭和大学富士吉田教育部生物学教室の萩原康夫先生、参加者は15名 親子連れや子どもやお年寄りの参加もありました。
8:30 大月市役所花咲庁舎に集合し車で出発、大峠を超えシオジの森へ向かいます。
大峠を越え下り始めると道に鹿の骨がありました。2月の大雪で身動きが取れなくなったり、雪崩等により死んでしまったのではないかという事でした。
鹿は50センチ以上の雪が積もる場所では生息できないそうです。
シオジの森に入ると見事な巨木が沢山生えています。
シオジと沢ぐるみの木は非常に似ています、木の肌を比較するとキメが細かく、葉っぱがふくよかなのがシオジだそうですが、簡単には見分けがつきませんでした。
シオジの森を抜け、ブナや犬ブナが多い森へ入ると通称お弁当広場と呼ばれる場所で虫探しが始まりました。
見つけ方は枯葉や土をストレーナー(粉ふるい)に入れて白い模造紙にパラパラと散らして黒い虫が動くのを見つけるとう方法です。
3名のグループを作り採取をはじめるとあちこちで子供たちのキャーという悲鳴が聞こえます。ミミズ、ムカデ、クモを見つけるたびに大きな声!!
しかし、しばらくするとなれたらしく皆が集中して見つけています。
昼食をとり次はシオジの森で虫探し。ブナの森では葉っぱが形を残していましたが、シオジの森では葉っぱが細かく分解されています。シオジの葉っぱは柔らかく分解が早く進むのだそうです。
シオジの巨木がこんなにたくさん群生している場所は非常に珍しく貴重な財産です。
子ども達がこの森に入り、沢の水を手ですくい美味しいといって飲み、虫を見つけ、素晴らしい自然の有り難さやその大切さを感じてもらう事が出来たのではないかと思います。
このスタックの大窪君は私の近所の大学生でこの森の学校の一期生だそうです。
この森の学校に入りその後、環境系の大学へと進学したそうです。そして今はスタッフとして子供たちに関わってくれています。こんな子供が育ってくれる教育が大切なんだと改めて思いました。
posted by nobuさん at 09:14| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

大月市秀麗富嶽十二景 第4番「滝子山」に登ってきました。

平成26年5月17日
大月市秀麗富嶽十二景 第4番 滝子山に登ってきました。

朝7:00 水下ベニヤ商会事務所に集合して笹子 道証地蔵付近の駐車スペースをめざし林道へ、すると前日の強風で道に木が倒れていて通れない状況!
引き返して笹子の大工さんにのこぎりを借りて再度、現場へ!
直径15センチ位の杉だったので程なく切断できました。

気を取り直し車を停めて7時45分登山開始!
沢沿いを歩くとても気持ちの良いシュチエ―ション!
滝子山というだけあって綺麗な滝も数か所あり、新緑の季節には最高の山です。
登り始めて40〜50分位立ったでしょうか、いきなり大量の残雪が現れました。
麓は20度を超えようかという時期にまだこれほどの残雪があるとは驚きでした。しかもその雪で大木もなぎ倒されていて登山道をふさいでいて、道が解りにくかったです。

山頂付近の緑は淡くとてもきれいで、さくらも咲いていましたが、ミツバツツジの見ごろはもう少し後でした。
滝子山、山頂着は11:10分、風もなく空気も澄んで富士山はくっきりと見えました。
大谷ケ丸着は12:40分 遅めの昼食はここでいただきました。
コンドウ丸、曲り沢峠を経由して道証地蔵に着いたのは15:40、約8時間の道のりは、これまで登った山(雁ガ腹摺山、笹子雁ガ腹摺山、高川山、大倉高丸、奈良倉山、滝子山)の中では一番きついコースでした。


posted by nobuさん at 18:53| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

秀麗富嶽十二景 第11番 高川山

平成25年11月2日 秀麗富嶽十二景 第11番 高川山に登ってきました。

高川山は、初狩駅から歩いて登る事が出来るので東京方面から電車で来る人にも便利な山です。
又、田野倉駅、禾生駅(富士急行線)からも登る事が出来ます。
今回は、更に足を延ばして、大月市立中央病院の裏にあるむすび山を経由して大月まで歩きました。

朝8時半 大月に集合して車で出発!

初狩駅前信号を左折し自徳寺の横を通り過ぎ更に車で進みます。
ほどなく、新しいトイレが2台目に入ってきます、そこには車が3〜4台駐車できるスペースがあります。
そこに車を停めて登山開始。

すると、傾斜の左に曲がるときつい傾斜の男坂と右に曲がると少々遠回りになる女坂に分かれます。
今回は、女坂を登る事にしました。それでも結構きつかったですよ。

登り始めて約1時間半で山頂に到着!
富士山は雲の中に隠れていて見る事ができませんでした。
まだ昼食には早いので記念撮影をして小休憩をとって山頂を後にしました。
山頂にはむすび山経由大月駅まで160分と書いてある木の看板がありました。
ここからは尾根伝いに下っていきます。
いつもだったら振り返れば富士山が見える絶好のコースなんだろうなと思いながらアップダウンを繰り返し下っていきます。
この日は、紅葉も始まったばかりですが黄色い葉っぱと少しの赤い葉っぱが楽しませてくれました。
さらに足元には大きなどんぐりやキノコ(毒?)が目に入ってきました。

途中でお弁当を食べてむすび山に到着したのは2時過ぎだったでしょうか。

このむすび山の山頂には戦争中の大月防空監視哨跡があります。
看板には、戦争とこの防空監視哨の関係が記されていて大月市でも戦争による爆撃があった事をしみじみと噛みしめる機会となりました。

又、むすび山はカタクリの花の群生地であり4月初旬には綺麗な花が見られます。

その時期の登山もいいかもしれませんね!

当日の一連の流れがわかるように写真や動画を編集してみましたので是非ご覧ください。
posted by nobuさん at 09:30| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

秀麗富岳十二景 5番 「奈良倉山」&「鶴寝山」

秀麗富岳十二景 5番 「奈良倉山」&「鶴寝山」

5月25日(土) 大月市と小菅村の境にある、奈良倉山と鶴寝山に登ってきました。

自宅(大月)を8:30に出発
当日の朝の天気は、曇り、しかし、車で松姫峠の登山道入り口に着いた頃には青空になっていました。

登山開始は9:30
登りはじめ木陰に入ると少しヒヤッとした空気がとても清々しかったです。
奈良倉山の山頂までは、駐車場から50分位。登りはきつくなくとても登りやすい道でした。

奈良倉山は大月・秀麗富岳十二景に5番に数えられています。
山頂からの眺めなどは大月市のHP(下記リンクをクリック)をご覧ください。
http://www.city.otsuki.yamanashi.jp/kanko/shurefugaku.html

駐車場にまで戻り、今度は鶴寝山に登りました。
こちらも登りは40分程度で登りやすい道です。
鶴寝山山頂に着いたのは12:00 

当日の一連の流れがわかるように写真や動画を編集してみましたので是非ご覧ください。
鶴寝山のブナの大木は見事です。
posted by nobuさん at 06:53| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする