小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2017年11月20日

「フッピー健康ポイント事業(健康マイレージ)について」袋井市

袋井市は厚生労働省が開催している第5回健康寿命を延ばそうアワードの生活習慣病予防分野、介護予防高齢者生活支援分野の2部門で優秀賞をダブル受賞しているように全国的にみてもとても優れた取り組みをしている自治体です。
IMG_2301.JPG

健康寿命の延伸の為に必要な事は、皆が運動する事、食生活を改善する事や健康チェックや重症化の予防の為の健康診断の受診が大切ですが、市民その意識をもってもらう事が非常に難しい事であると思います。
今回の視察のフッピー健康ポイント事業とは、日々の健康づくりの実践状況をポイント化し、ためたポイントを公共施設利用券や民間の登録サービス券と交換、幼稚園・保育園、小・中学校や市の基金などへの寄附ができる事業で、金銭的インセンティブの付与により正しい生活習慣(運動・食)への動機づけ支援と、その定着化を目指しています。
お年寄りなど携帯電話やスマホを持たない方には、カードに記入してポストに投函する「すまいるカード
IMG_2300.JPG
携帯電話やパソコンが利用うできる方には「e-すまいる」の2種類の参加方法があります。又、幼稚園、保育園、小中学校の子ども達にはそれぞれの施設からスマイル手帳を配布して集計してもらいます。
IMG_2297.JPG
子ども達のポイントは大人とは少し違い、食育に加え徳育の目標を立てて実践することで与えられ、健康という側面に教育の効果が付加されます。
IMG_2298.JPGIMG_2299.JPG
さらに子供たちが参加する事で保護者の参加が増える事に繋がります。実際に故事業の参加者は30、40代が多く、非常によく練られた仕組みでありと思います。
又、スマホ等で簡単に申請ができるeスマイルに登録するとボーナスポイントが付く事や友達を紹介する事でボーナスポイントが付く事による参加者の増加や継続性を高める仕組みや、特定検診を受診する事で検診受診ボーナスというボーナスポイントを得られる仕組みもあります。
袋井市の特定検診受診率は52.4%と静岡県で3年連続1位(大月市は30%前後です。)1人あたりの国保医療費は県平均より2万円少ないそうです。
今回の視察の大きなポイントはフッピー健康ポイント事業(健康マイレージ)についてでしたが、この実績を上げる事が出来たのは、健康作り推進員302名(各自治会から男女1名ずつ選出)による出前健康教室や健康情報の提供、健康運動サポーター41名の健康運動の講師としてのサポート体制、食生活推進員(市内10地区162名)による健康食普及活動の開催等の取組みの効果による所も大きいと感じました。
IMG_2302.JPG

このような素晴らしい取り組みに至るには多くの時間と、試行錯誤があったようですが、事の始まりは平成5年の日本一健康文化都市宣言です、健康づくり計画の策定をした平成18年には、すまいるカードに健康の実践を記録している個人や団体を表彰する「健康チャレンジ!すまいる運動」を開始。翌、19年には取組をポイント化して公共サービス券と交換できる健康マイレージの取組みを付加。その後、「寄付制度」や「e‐すまいる」を導入して現在に至っているそうです。
今後は、5カ月間である取り組みを通年に変更し、1000万円の予算をかけて「歩数」をベースにより参加しやすいアプリの開発をプロポーザル方式で発注したそうです。
本市と災害時相互応援協定を結んでいる袋井市のこの素晴らしい取り組みを参考にし、本市でも健康寿命の延伸への取り組みを加速すべきであると思いました。
posted by nobuさん at 10:28| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

小規模特認校制度について 社会文教三島市坂小学校

11月14日〜15日 社会文教常任委員会の視察にいってきました。

三島市 「小規模特認校について」
静岡市 「介護人材確保推進事業について」
袋井市 「ふっぴー健康ポイント事業(健康マイレージ)について」 

今回は三島市の「小規模特認校」について報告します。
三島市 .JPG
小規模特認校とは
人口動態、少子化等に伴い、児童数が著しく減少する小学校において、歴史的な経緯、学校の特色、児童の適性等により小規模校の特性を生かした教育を希望する保護者の児童に、特例措置として通学区以外からの入学を認め、学校規模の適正化及び受入校の活性化を図る事を目的にしている制度です。
おおよそ100名以下の学校が特認校になっているようです。

三島市坂小学校の平成3年の児童数は153人しかし平成14年には73人にまで減少し複式学級の噂がでてしまっていました。
(複式学級の基準*2つの学年の合計が16人以下の場合⇒複式学級)
複式学級にしたくないという思いから、地域、学校、市教委で協働し小規模特認校を目指し、平成11年にはPTA内に坂小学校児童減少対策委員会を発足させ、13年には地区を巻き込み坂地区活性化協議会に改編、平成16年に小規模特認校の導入に至っています。

小規模特認校になったからと言って学校に魅力がなければ他地域の児童がわざわざ転校や入学してくるはずがありません。そこで坂小学校では他校には無い特色のあう教育の目標として次の3つを揚げました。
@情報教育:パソコン一人一台1時間使用。
A英語教育:他校より多くの英語の時間を取る。
B農事体験:野菜作りを通じて情操教育の向上を図る。

この結果、平成16年どの2名を皮切りに特認児童十数名を迎え入れ80〜100名の児童数を確保しています。
三島市の1学年の児童数は約1000人でそのうち特認校への入学・転校をを希望するのは十数名程度です。
本市の1年間の出生者数は100人程度です。このうち何人の児童が特認校を希望するのでしょうか。
ポイントは児童や保護者が特認校に入学したいと思う魅力をつける事です。
地域、教員、保護者と教育委員会が協力していく必要があると思います。
三島市立坂小学校.JPG
大月市では現在小学校5校、中学校2校にまで減少してしまっています。
今後、これ以上の統合はあってはなりません。
この小規模特認校制度を研究し、住民に周知し、活用できるかどうかを検討していく必要があると思います。


posted by nobuさん at 10:56| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

Smile Report vol20 

平成29年9月議会が終了しましたの過去3カ月間の活動報告(スマイルレポートVOL20)を作成し配布を始めました。
IMG_2223.JPGIMG_2224.JPG

本市の人口減少や前回の一般質問で取り上げた出生率の低下の大きな要因の一つは市内に若者が働く場所が無い事です。
新たな雇用を生み出す為にできる事は何なのでしょうか?

今回、目をつけたのが観光産業です。
富士山の世界遺産登録、東京オリンピックにより外国人観光客が増加しています。
大月市は、JRから富士急行に乗り換える結節点でありながら、単なる通過点になってしまっています。
大月駅構内外国人.png
大月駅構内で富士急行線に乗り換える為に列をなす観光客

この外国人観光客が本市に滞在し経済効果を生み出す為に絶対に欠かす事の出来ないものが宿泊施設です。
ビジネスホテルを誘致する事は、まず外食産業に大きく影響を与えます。

今回は、ビジネスホテルの誘致を積極的に行うべきであるという考えの元、質問をしました。
スライド1.JPGスライド2.JPGスライド3.JPGスライド4.JPG
posted by nobuさん at 10:19| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

ネットで主張!衆院選やまなし〜動画をみて選挙に行こう!〜

突然の解散劇に驚き!
希望の党の結党 民進党の分裂 立憲民主党の結党に更に驚く!
この短期間に新しい選択肢が生れた。
どこの党に?誰に?投票するべきなんだろう

来山会(未来の山梨を拓く議員の会)では、ネット社会の中で有効に候補者の選択ができるようにすべき!と考え政治と選挙のプラットオーム「政治山」とコラボし衆院選山梨1区・2区の各候補の主張が見比べられる「ネットで主張!衆院選やまなし〜動画をみて選挙に行こう!〜」を公開しました。

山梨県内で立候補している9人の候補者に次の5つの質問に対し政策を語って頂きました。
【質問】
1北朝鮮情勢が不安定となる中、我が国の国防をどのように担っていきますか?
2教育無償化や社会保障制度の見直しについての考えは
3現役世代が地方で活躍できる社会をどう構築していきますか?
4他の候補予定者と比較して自分の強みは
5有権者へのメッセージ?

候補者の動画はこちらから!!
山梨1区政策動画

山梨2区政策動画
posted by nobuさん at 05:37| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

長野県大町市議会・東京都多摩市議会への視察

7月10〜11日、議会基本条例調査特別委員会で長野県大町市議会と東京都多摩市議会に視察に行ってきました。
今回の目的は、議員個人が指摘や意見を行うのではなく、議会として議論を行い議会として指摘や意見をする事が有効な決算審査には欠かせない事である事、更に、この指摘や意見を翌年度の予算審査に繋げるための仕組みを学ぶ事です。
今回、伺った両議会とも議会が事業評価を行っているという事で視察先として選定させて頂きました。
多摩市の議会基本条例では、決算・予算を連動させる事を目指し、第9条に「議会が、決算審査に当たって、市長等が執行した事業等の評価を行う事」「議会の評価を市長に明確に示す事」「 市長は、議会の評価を予算に十分反映させるよう努めなければならない事」を規定しています。
この「事業の評価」をする為の資料は、リーダー以下の若手職員が作成し、その内容は事務事業の目標や概要、決算額、内訳、推移、目標の達成状況と自己評価を記入した事業カルテと言われる事業報告書を綴った決算事業報告書という冊子になっています。
この資料を基に議会が事業を評価し、市長に提出しています。これを受け市長部局では、予算編成への反映状況の説明資料を作成し議会に説明を行っています。

大町市では、新規に取り組む事業や大幅な変更がある事業や特に説明を必要とする事業については、議会が作成した「政策等の形成過程説明資料」により@ 政策等を必要とする背景 A提案に至るまでの経緯及び関係法令等B市民参加の実施の有無及びその内容 C他の自治体の類似する政策との比較検討D総合計画における根拠又は位置付けE政策等の実施に係る財源措置F将来にわたる政策等の効果及びコストを記入して提出する事になっています。
この事により充実した議論ができるようになったそうですが、事業評価シートには先にあげた7つの視点が入っていない為、論点整理ができていないように感じました。よって、次年度の予算編成への反映に繋がってはいないようです。
posted by nobuさん at 15:58| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

小樽合宿・木村塾 「地-域活性プロデューサー人財塾」

5月20〜21日、小樽合宿・木村塾 2017年5月期「地-域活性プロデューサー人財塾」に参加してきました。

私の隣は土屋和也君、行きも帰りも別行動ですが、決して仲が悪いわけではありません。
IMG_1967[1].JPG

講師は、木村俊昭氏
【プロフィール】
東京農業大学教授・内閣官房シティーマネージャー(自治体 特別参与)
北海道出身。小樽市産業振興課長・産業港湾部副参事、内閣企画官、農林水産省大臣官房企画官 等を経て現在は東京農業大学教授、内閣官房シティーマネージャー、総合政策アドバイザー等として大学講義の他国内外において年間120超の地域で講演・現地アドバイス等を実践中
著書「地方創生 成功の方程式―できる化・みえる化・しくみ化」他多数

今回の研修の目的ℍは、プレゼン力、事業構想力、実現力、引き出し力を研き、コミュニティ リーダー役・プロデューサー役の大切な視点を学ぶ事です。
今の私に足りない事は、事業構想力・実現力・プレゼン力であると感じていますのでこれらの力をつけて「できない」を「できる」に変えられるようになりたいと思います。

まずは、自分の整理です。やるべき事の優先順位を付けました。
今後、取り組むべき事は沢山ありますが、まずは、自分のやるべき事を次の5つ(A〜E)の視点でピックアップしました。

私がピックアップしたのは次の通りです
A五感六育
K皆のやる気のアップ
M子供の責任感を持たせる

B仕事の時間
@議会基本条例作り
Aマニフェスト作り
B議会のインターネット配信
J病院部会 
Lアパート作り
N選挙対策

Cライフワーク
C釣り
Dマラソン

Dパートナー
E畑仕事
I仲良く・聞く

E自己研鑽
F積極性を付ける
G文章をわかりやすく書く 伝える
H言葉のかけ方・話しの聞き方

以上を重要性と緊急度を軸としたグラフに書き込みました。
IMG_1966[1].JPG

❷プレゼンのポイントについて
プレゼンをうまくするには、次のポイントに注意する事だそうです。
@ シンプルにする事
A 感情を込める事
B 意外性を持たせる事
C 具体性を持たせる事
D 信頼性を付ける事
D ストーリー性をつける事


❸事業構想力・実現力について
地域の産業をおこす上で大切な事は、地域を五感(見る、聞く、嗅ぐ、触る、味わう)で感じ調査し六育(知育・食育・遊育・木育・健育・職育)で事業を考える事が必要だそうです。そして、事業をおこす時には情報を共有し、役割を分担し、出番を創出する事が必要だそうです。
役割の分担はしていますが、とかくやらされ感がつきまとい言われた事をこなす傾向になりがちですが、出番を演出し遣り甲斐を感じてもらうような設えが必要だと感じました。
人はそれぞれ持っている能力が違います。年齢、性別、職業、趣味、経験などを要因に得意な事と苦手な事があります。この能力を有効に発揮できる仕組みを作る事が大切です。

今回、事業を考える時に使ったのが下記の表です。
事業構想.png

テーマを設定し@あるべき姿を作り上げる為に必要な事を整理していくのですが、A現状を整理し、具体的な数値目標を設定し、何を何時迄にいくら使って取り組むのかを書き込みます。
今回、私は大月市の持つ東京に近い、富士山への通過点、ふるさと教育を推進している、中学生の職業体験を受け入れる企業が多くリスト化されている、ウェルネスツーリズム事業を行っている事を資源として、教育と観光を掛け合わせた体験型観光の事業化について考えてみました。

IMG_1962[1].JPG

この図表で発表をしました。
IMG_1959[1].JPG

今まで考えたリアルキッザニア大月を膨らませてみましたが、産業と呼べるほどの収益があがるのかという厳しい指摘を頂きました。
健康になる為の長期滞在が出来るように考えてみた方がいいという指摘も頂きました。

今回は、事業構想を考えて実現するために必要な事は何か?を学んだのですが、枠割分担、出番の創出の大切さをしりました。
人がやる気になるような設え、話し合いの時には時間に縛られずはグダグダと、言った事に責任を持たなくても良いなどという常識では考えられない手法もあるという事を知りました。
何かの機会に取り入れてみたいと思います。

今回の参加者は自治体職員 地方議員、NPO代表等で違った視点で様々な発言があり刺激を受けました。
自治体職員の愚痴や本音を聞けたことも面白かったです。



posted by nobuさん at 15:42| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

自伐型林業が始まるかも!

一昨日(2月18日)は、ろはすの森実行委員会主催の森林環境フォーラムに参加してきました。
講師は中嶋健造氏
どんな人なのかというと肩書はNPO法人自伐型林業推進協会の代表理事なのですが、以前、山田政文さん、藤本実議員と私の3人で林業の活性化を目指し視察研修に行った高知県で自伐型林業を提唱している人なのです。(視察時のブログ

自伐型林業に大きな可能性を感じ、推進すべきと考え,私は2015年9月議会の一般質問の中で自伐型林業を提案させて頂きました。

詳しくはこちら 
2015年9月議会一般質問 全文
平成27年9月定例会.docx

当時配布した スマイルレポートVOL12 2015年10月
スライド2.JPG


今回の講演会には石井市長も参加者と一緒に講演を聞き最後に考えを述べておられました。
その中で市長が中島健造氏の本を読んだ事を披露しながら「自伐型林業が基本」との発言もあり、今後、自伐型林業への取組みが開始されるのではと大きな期待を抱かせていただく機会となりました。

中島健造氏は全国各地で公演を行っていてユーチューブにアップされています。
講演内容の基本は同じです。興味がある方はご覧ください。
自伐型林業の動画


今回、前夜には主催者のろはすの森実行委員会の岡部さんにお招き頂き、中島健造氏と懇親をさせて頂く機会もあり、林業の持つ可能性、木質バイオマス発電についての可能性、危険性についてもお話をうかがうことが出来ました。
中島さんは、大月にできるバイオマス発電所は大きすぎる。年間16万トンの木質燃料を集める事は極めて困難だ。無理して集めようとして皆伐(木をすべて伐採する事)する事になってしまうだろう。すると大月市の山ははげ山が増え、土砂災害が起こりやすくなると危惧していました。
一度はげ山を作ると100%助成金にたより植林をしなくては林を再生する事ができません。しかも最低50年は手入れをし続けないと資材として収入をえる事は出来なくなります。
やはり、森を守り、育て、経営する自伐型林業を推進する事を目指すべきです。
バイオマス発電の木質燃料を強引に集めようと皆伐する事だけは避けなくてはならないと思います。
岡山県真庭市でも巨大な木質バイオマス発電を行っています。全国的な先進事例として有名な地域ですが周りには列状間伐された山が現れているとの事です。私の予測ですが、列状間伐は部分的な皆伐であり、次の段階でこの隙間を使い丸太を搬出する為の準備なのではないかと感じました。
いずれにしても列状間伐は高性能林業機械の使用を前提とした手法であり自伐型林業とは相反する考え方であると思います。

posted by nobuさん at 08:18| Comment(2) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

みんながつながって見守りあえるまちにするために「みまもりあいプロジェクト」

昨日は来山会の研修(来山ラボ)と総会に参加してきました。
研修では今年の2月より笛吹市で始まった「見守りステッカー利用支援事業」の説明をして頂きました。http://www.city.fuefuki.yamanashi.jp/kurashi/news.php?id=8367
率直な感想は「非常に素晴らしい仕組みで、大月市でも開始すべきだ。」というものです。
IMG_1694[1].JPG
どんな仕組みかを簡単に説明すると、「フリーダイヤルの電話番号」と「緊急連絡転送ID」の記載がある上の写真の布製のシールを徘徊の恐れのあるお年寄りや障害のある方の服に縫付けておき万が一行方が分からなくなった時等に早期の発見に繋げる取り組みです。
このシールを付けたお年寄りが困った雰囲気を感じた周りの方がこのシールに書いてある番号に電話をかけると、事前に登録しておいた方(家族など2名まで)に自動に転送され、家族に連絡が取れる仕組みになっています。
緊急連絡転送IDの表記があっても個人情報にはあたらず、電話しても非通知設定になっているので電話をしてくれた人の番号も漏れる事がないそうです。
費用は登録時に2,000円と月々300円がかかりますが、笛吹市では初期費用の2,000円と月の半額の150円を行政が負担してくれます。
利用者は年間1,800円の負担でこのシールを48枚もらい、勿論、お年寄りもですが、子供や無くなっては困る貴重品、更には犬や猫などのペットに張り付けておく事で発見の手助けとなります。
大月市でも防災無線で行方不明の方の情報が放送されます。早期発見の手助けとなると思います。
更に昨日、大月市のfacebookページで発信していた犬の捜索にも利用できるかもしれません。

様々な利用方法があると思います。是非検討し大月市でも大々的に取り組みを始めるようにしたいと思います。
まずは、3月議会の一般質問で取り上げます。
昨日の研修に参加した来山会のメンバーが山梨県内各地で一般質問に取り上げます。
全国的に見ても超先進的な取り組みを山梨県から始められるよう来山会のメンバーでムーブメントをおこしたいと思います。
昨晩、一緒に参加していた鈴木基方議員もこの取り組みに対し賛同していましたので相談した結果、私が一般質問をする事にさせて頂きました。
鈴木基方議員の分まで頑張らないと!

見守りステッカー支援事業 (PDF:1.28MB)
みまもりあいアプリについて (PDF:811KB)
みまもりあいプロジェクト (PDF:837KB)

posted by nobuさん at 14:00| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする