小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2017年01月23日

議会と消防団の意見交換会

先週の土曜日、議会だよりの特集ページで連載中の議会と市民の意見交換会に参加してきました。
今回は消防団と議会(総務産業常任委員会)が地域防災の現状と課題についてです。

消防団からは団長、副団長、分団長の参加を頂きました。
冒頭、石井団長から団員の確保が困難である旨の発言がありました。
部長を経験し本来であれば卒団できるのに、再入団しないと人員が足りなくなってしまうという事でした。
私も約10年前に3分団第1部を卒団しましたが、当時はまだ3分団1部大月支部では再入団しなくても大丈夫でしたが、大月支部においても再入団が必要になってしまっているそうです。
大月の中心に位置する大月支部でさえこのような状況ですから市内全域で同じことがおきているという事だと思います。
ではどんな対策があるのでしょう?
東京消防庁や自衛隊のOBへの協力団員の依頼、都留市で行っている消防団員サポート店による消防団員支援、等の意見がでました。人口が減少していく中で根本的な課題の解決策は簡単には見つかりません。しかし、消防団の現状と課題を市議会が知ったという事は意義があると思います。
都留市で行っている消防団員サポート店の仕組みや財源についても調べて消防団に返事をする事になりました。
更に古い消火器の問題、消火訓練の開催についての課題なども議会として考えてみるべき事なのかもしれません。
今日は、議会で議会だよりの原稿作り、意見交換会の報告書を作りました。議長、議会運営委員長とで今回、頂いた意見をどのように扱うのかを決めて頂く為の書類も作成しました。
副団長からも意見や質問に対する答えを求められましたのでしっかりと対応をしなくてはならないと思います。



posted by nobuさん at 16:01| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

大月短大建設について

昨日、急遽、臨時全員協議会が開催され大月短期大学の校舎建設について説明を頂きました。
事業費(本館棟・高校棟解体含む)12億6千万円
財源内訳
1)7億4千8百万円(短大施設整備の為に積んでおいた基金)
2)2億3千7百万円(地域活性化事業債)木造にする事や内装材等を県内産の木を利用する事で元利償還金 (借金の返済額1,330万円/年間)の30%(約400万円)が普通交付税の基準財政需要額に参入される
3)  2千5百万円(入学時施設納付金等)
4)2億4千7百万円 (森林・林業再生基盤づくり交付金)木造にする事で得られる補助金
  市内産の木材の利用は土台・階段に桧材 19㎥
          腰壁羽目板・小屋梁に杉材 122㎥を利用する計画
維持費は木材面の定期的な塗装として5年に一度500万円を見込むが外壁は窯業系サイディングを使い維持費の軽減を図っている。
地中熱利用のヒートポンプシステム導入工事、C号棟改修工事は分離発注
次年度に予定の外構工事、解体工事等メンテナンス等も市内業者に発注したい

資料としては平面図、立面図、カラーパースが示されました。

私は木材面への定期的な塗装に5年間で500万円もかかるとしていますが外気に面する木材は柱や筋交いのみでしかも一階である為足場をかける必要もないためそんなに必要ないと思いました。

今回、大月短大の校舎建設に関して大月市議会では否決をしました。(私は賛成です。)
当局はこの結果を重く受け止めて頂き、今回、丁寧に説明をして頂きました。しかしその内容は反対をしている議員の納得を得られる大きな計画の変更ではありませんでした。
反対の理由は、短大の今後の安定的な運営に疑問を感じている事や、木造やRCの議論以前にu単価が高額すぎる事を指摘している事や市内業者の参入が出来るように分離発注すべきという事、等それぞれでありますが、人口減少社会の中、国では森林の整備を進める為には建て替え時期を迎える多くの住宅や公共施設等を木造化する事が必要である事から木造校舎建設等に対し交付金を出すという制度を作りました。やはりこの制度を活用しなくてはもったいないと思います。
建設コストのu単価が高額すぎるという指摘はもっともであると思いますが、木造はRC造と違い様々な工法がある為、専門家で無い職員では勿論、設計会社等の専門化でも試算するには構造材メーカーに依頼しなくては正確な積算をする事が難しく、詳細設計が明らかになっていない段階の現状では余裕を持った予算組をしているのではないかと思います。今後、構造材を既製品で済ます事ができるような詳細設計をして極力特注品を使わないように工夫する事等で建設費の削減が出来るのではないでしょうか。その意味では屋根形状はアールでは無く直に直して頂きたいと思います。
又、市内産材を使う事に関しても賛否があると思います。コストや品質の面を考えれば大手メーカーの大量生産品を使う方が良いと思いますが今回の予定は土台は桧の無垢材、階段は桧の集成材、腰壁は杉の無垢材、小屋梁は杉の集成材(無垢や集成にするかは私の予測)で地元産材を使う予定でありここに関しては若干であれば高くても仕方ないのではないでしょうか。(しかし予算をかけない工夫はしてもらいたい!)
posted by nobuさん at 17:16| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

新たな事業と不妊治療費助成

3月の大月市議会定例会では予算審査特別委員会において新年度の事業が示され全議員で審査します。
大月市では2,040年の人口を19,000人に設定し総合戦略を策定し事業を展開していきます。
今年度からは移住定住促進を目指した「新築住宅取得助成制度」「新婚世帯・転入子育て世帯家賃助成制度」に加え「中古住宅取得助成制度」がはじまります。
更に、現在2名の地域おこし協力隊員(猿橋の下の桂川をボートに乗ってもらう企画を考えてくれた方々です。)を更に林業と農業で3名の募集をするそうです。
又、中央病院では急性期だけでなく回復期の医療を提供する地域包括ケア病棟の9月開棟を目指し準備を始めています。
27年度、特定不妊治療費(保険適用範囲外)の助成開始、ファミリーサポート事業利用者への助成の開始等、明るい事業も見え始めております。
しかし、ファミリーサポート事業は利用者が増加しているそうですが、新聞報道された通り、不妊治療費助成制度については3名しか利用していないそうです。
議会ではPR不足ではないかと指摘する意見が出て新聞にも掲載されましたが、不妊治療費助成制度について私の考えをまとめておきたいと思います。
PR不足であるとの指摘については、本市及び県が情報を提供しあっている事から、どちらの実績も3件と同じであり同じ方が助成申請を行っていると思います。
過去、山梨県の助成件数は
平成22年 5組  7件
平成23年10組 18件
平成24年14組 26件  
平成25年13組 21件
でありましたが、昨年は3組に減っている事からPR不足が主な原因であるとは言えないのではないでしょうか。
大月では年間30万円を限度とするだけでトータルの回数、年齢にも制限がありません。一見優しい制度に見えますが、不妊治療は「子供が生まれる事」をもって成功したと言えます。受精し無事に出産しなくてはいけません。この受精する確率、無事に出産する確率は高齢になればなるほど確率がさがります。凍結保存してある卵子を使い受精させてから体内に戻し出産しようとしても母体が耐えらければもともこもありません。
又、1回の治療に助成金の30万円を使い切ってしまった場合、次の治療を来年まで行わない事もあるかもしれません。県の仕組みも妻の初年度治療開始時の年齢が39歳以下の場合はトータルで6回、40歳以上の場合には3回、更に治療開始時に43歳になった場合、申請開始時の年齢にかかわらず助成対象外となります。大月市が行っている「年齢、トータル回数共に制限が無い事」は高齢になられてからでも補助がうけられるという安心感を生みかねず制度として考え直す必要があると思います。
過去の不妊治療費に関するブログ
http://nobuyasusmile.seesaa.net/article/409789769.html

「山梨県の制度についての変更点」
posted by nobuさん at 06:11| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

議員定例懇談会

昨日は大月市議会の定例懇談会でした。
執行部より7件の報告が予定されていましたが、急遽、朝の新聞で報道された大月東小学校の期間採用の教員で元県警巡査のわいせつ事件についての説明がありました。
基本的には報道されている以上の事を把握している訳ではありませんでしたが、同日夜、保護者に対する説明会を実施する事、市で設置している教育支援室にも対応にあたってもらい子供たちのケアに努める事、県に対しスクールカウンセラーの増員を求める事等の対応をしているそうであります。
県の採用であるとの説明がありましたが、採用方法について改善すべき点がないのか調べる必要があると感じました。

旧浅利小学校では校舎をリフォームし社会福祉法人山の都福祉会が介護、障害者デイサービス施設としてオープンしていますが、今回は、運動場に入所定員30人未満の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)を建設し開業する事になるそうです。

現在、大月市では地域おこし協力隊に2名の若者にきてまちおこしに取り組んで頂いていますが、新たに農業で2名、林業で1名の地域おこし協力隊員を募集するそうです。

景観計画の変更では太陽光発電を地上に設置する場合で、面積が10uを超える場合には届け出が必要になるそうです。

中央病院の健全化に向けた取り組みでは、委託費を1,150万円削減が出来た事、消耗品、消耗備品費、光熱水費、燃料費について前年比320万円削減が出来た事の報告がありました。
経営健全化計画の進捗状況(4月から12月)の目標については
       目標       実績
入院患者数 23895人     22194人(92.8%)
入院収入  7億8593万円 7億4570万円(94.8%) 
外来患者数 60534人     57538人(95.1%)
外来収入  6億5042万円 6億5072万円(100%)
外来の収入は目標を達成しましたが、入院については約4千万円足りていません。

その他医業収入を含めた医業収入は17億7813万円、その他の医業費用を含めた医業費用は21億6325万円で3億8512万円の赤字となっています。
昨年は5億3372万円の赤字でしたので様々な努力により1億4862万円の改善ができた事がわかります。
しかし、まだまだ改善が始まったばかり!根本的な課題である常勤医不足による入院収益の改善の成果が見えません。常勤医の確保は今後も非常に厳しい状況にあるようです。

防災行政無線については「AIトークのあかり」というシステムの試験運用を開始するそうです。パソコンで作成した文章を。音声に自動変換し、その音声は明るく元気な女性の声で聞きとりやすい音声になるようです。(緊急放送等で職員の声での放送もあります。)

この他、大月短大の新校舎建設の状況の報告、大月市まち・ひと・しごと創生総合戦略の修正についての報告がありました。

posted by nobuさん at 09:01| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

最優秀賞受賞!大月市議会だより 

大月市議会の議会だよりNO140号が県公報コンクールの議会広報部門の最優秀賞を受賞しました。
IMG_0833[1].JPG
今から2年半前、私は議会だより編集委員長になり、議会改革の1つとして議会だよりを手に取って見てもらえる物へと改善を繰り返してきました。
以前のブログに書きましたが、私は、議会だより編集委員長に就任して間もなくローカルマニフェスト推進地方議員連盟の「次世代議会のコミュニケーション戦略を考える」と題した研修に参加しあきる野市議会の事務局の茅根悟さんの講演を聞きました。
その時のブログです。
http://nobuyasusmile.seesaa.net/article/371436534.html

あきる野市議会では市庁舎内に様々な議会だよりを掲示しどの議会だよりを手に取ってみたくなるか?というアンケートを行い、自分たちの作っている議会だよりの表紙が読者の興味を引くような物になっていないのかという現実を認識し表紙をはじめ全面リニューアルを行いました。第8回のマニフェスト大賞の優秀賞を受賞したあきる野市議会の議会だよりの手法を大月市議会の編集委員会メンバーで共有しておく必要があると思い、あきる野市議会に視察に伺いました。
その時のブログです。
http://nobuyasusmile.seesaa.net/article/386574444.html

大月の議会だよりの特集ページはこの時の視察研修のおかげであると言っても過言ではありません。

更に藤本実議員と参加した2014年10月に行われた山梨県広報協会主催の広報の研修では文章のレイアウト方法や参考となるフォーマットを頂き参考にさせて頂きました。
決算審査のページのレイアウトはその時のフォーマットを参考に作りました。
その時のブログです。
http://nobuyasusmile.seesaa.net/article/407591604.html

議会だよりを作るのは当然、議員であるべきという考えの基、現在、議会だよりの編集は6人の委員を2班に分け、正副委員長である藤本実議員と私がリーダーとなり各班で記事を担当し特集ページや議会の論点Q&Aの作成に取り組んできました。議会事務局職員の力なくして議会だよりの編集はできませんが、議会だよりの改善は、議員が主体的に編集に関わっていかなくてはなりません。今回、山梨県内の議会だよりの中で最優秀賞を頂いた事をキッカケに今後も更に編集委員会の議論を活発に行い、フォーマットを作成し、手に取ってみたくなる議会だより、解りやすく興味を引く議会だよりを作って行きたいと思います。
posted by nobuさん at 12:02| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

大月市まちづくり基本方針・空き家調査・大月バイオマス発電事業の説明会・大月市まち・ひと・しごと創生総合戦略

1月19日、議員定例懇談会が開催され下記事項について報告がありました。
1・大月市まちづくり基本方針(素案)について
2・空き家実態調査アンケート結果について
3・岩殿ニュータウン分譲地(ゆりヶ丘)の販売について
4・宮谷地内の普通財産貸与について
5・大月バイオマス発電事業の説明会開催について
6・今回の降雪の対応について
7・大月市まち・ひと・しごと創生総合戦略について

「大月市まちづくり基本方針について」は今回の大月駅北口の開発の問題で、駅北の道路整備に対する準備が出来ていなかった事が明らかとなった事から、大月駅北口の空き地の有効利用を進めるために必要な施設やサービスはどのような物かを明らかにし、大月駅北と南側商店街を含む「まち全体」を大月市民が利用しやすい交通手段の整備方針、各地の小学校区毎に小さな拠点整備をしていくべきであるという方針、土地利用、公共施設、観光・経済振興などの基本的な方針を定めるマスタープランの素案であるという事です。
その基本方針の説明を受けた後、3Dで作成した「まちのイメージ」の動画を見せて頂きましたが、イメージとして作成した物でリアリティーは感じられる物ではなかったです。
しかし駅北の整備に対し、遅くはなりましたが着実な一歩を踏み出したと感じました

空き家調査について大きな特徴は、実際に空き家になっている195棟の内85棟(29.5%)の方が他に売却したいと答えている事。更に空き家バンクの事を67.5%の人が知らなかった事、更に今後、空き家バンク制度に登録したい人が89棟もいる事が分かりました。
今後のアプローチの仕方によって大きな成果に繋がっていく可能性があります。期待しましょう!!

大月バイオマス発電事業の説明会が2月13日(土)午後5時から市民会館4階視聴覚室(参加自由)で開催されます。多くの人に関心を持って頂きたいです。皆で参加しましょう!!

大月市まち・ひと・しごと創生総合戦略についての案の説明を頂きました。
今後、パブリックコメントが実施されますので注視して頂き、多くの意見が集まるようになってほしいと思います。
posted by nobuさん at 05:07| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

平成26年度の決算審査特別委員会に傍聴者

26年度の決算審査特別委員会が終了しました。
議員になって4年と2カ月、17回目の市議会定例会の中で初めて委員会に傍聴者がありました。
決算審査の初日は1名、二日目は10名弱、三日目は5名程度であったと思いますが、議会のチェックをしなくてはならないと考える市民が現れたという事ではないかと推測します。
理由はともあれ、議会の委員会に傍聴者が現れるという事は、議会に対し興味を持っていただいているという点で、良い事であると思います。
又、傍聴者がいるという事は議員にとっても、張り合いになり、議論も深まる事に繋がるのではないかと感じました。
傍聴にお越し下さった方からは、「女性議員の視点が必要だ」「いがいにみんな、真剣に議論をしているんですね。」との感想を頂きました。

さて今回、私は今年と来年の2年間をかけて総合計画を作成するこのタイミングを考えて、今、行っている事前評価、事後評価という行政評価をもっと機能させる為にという視点で、成果指標の設定の仕方を複数の課に対し質問をしました。
更に行政評価を総合計画に指標が書かれている116項目に絞るのではなく、各事務事業すべてにおいて作成するべきではないかとの意見をしました。
予算を削る為の事務事業評価ではなく、予算を有効に使う為の事務事業評価にする事が必要であると思います。
石井市長は人口減少対策について語る時、様々な取り組みが必要であると言います。私もそう思います。特効薬があるわけでは無いと思います。ですから、今行っている全ての事業を如何に有効な事業へと進化させていくのかという事が大切であると思います。一期目から継続してその為の仕組み作りを提案させて頂いておりますが、今後も行政のチェックがしやすくなり、更に一つ一つの事業が毎年どのように進化していくのかが見えるようにする為の行政評価シートを作成してもらい、しっかりとした視点で費用対効果を検証していかなくてはならないと考えています。

posted by nobuさん at 07:16| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

27年9月議会総務産業常任委員会

昨日は、10時から総務産業常任委員会でした。
議案は、27年度一般会計補正予算、簡易水道特別会計補正予算、訴えの提起の件です。
一般会計補正予算の内、総務産業常任委員会が今回、審査するのは消防本部、産業観光課、建設課、地域整備課、総務管理課、企画財政課の6課です。
大きなものは、7月の台風で被害を受けた、田無瀬の水路、浅川の林道、等の復旧工事です。
又、どんな災害が起こっても機能不全に陥らない為に国土強靭化地域計画策定、建築物の耐震化促進計画という物を委託し策定するそうです。
国土強靭化計画策定には専門家を含めた有識者会議を設置するそうですが、どのような有識者が入るかによって出来上がる計画も大きく異なります。慎重に選んで頂きたいと思います。
私は、国土強靭化計画は路網整備が中心となると言っていた事に関して、機能不全に陥らない為には鉄道も重要な要素となるので入れるべきではないか?と質問しました。答えは有識者からそのような意見が出れば取り入れる事にもなると思う。というような答弁でした。
計画を立てるときは委託、市民の代表を入れる、有識者をいれる、このような事が当たり前になっています。勿論、市民、有識者の意見は必要ですが、行政職員は日頃から市民の苦情を聞いたり、街の問題点の改善に取り組んでいるプロですから、計画策定に関しては町の問題点や課題を解りやすく説明したうえで十分な話し合いを行って欲しいと思います。
又、耐震化促進計画に関しては、耐震化の現状調査や目標設定が主な物になると思います。委託費は耐震化の現状調査に費用がかかるらしいですが、どのような調査を行うのかを聞いてみようと思います。もしかしたら行政職員でもできるのではないかと思います。


posted by nobuさん at 06:50| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする