小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2017年05月22日

小樽合宿・木村塾 「地-域活性プロデューサー人財塾」

5月20〜21日、小樽合宿・木村塾 2017年5月期「地-域活性プロデューサー人財塾」に参加してきました。

私の隣は土屋和也君、行きも帰りも別行動ですが、決して仲が悪いわけではありません。
IMG_1967[1].JPG

講師は、木村俊昭氏
【プロフィール】
東京農業大学教授・内閣官房シティーマネージャー(自治体 特別参与)
北海道出身。小樽市産業振興課長・産業港湾部副参事、内閣企画官、農林水産省大臣官房企画官 等を経て現在は東京農業大学教授、内閣官房シティーマネージャー、総合政策アドバイザー等として大学講義の他国内外において年間120超の地域で講演・現地アドバイス等を実践中
著書「地方創生 成功の方程式―できる化・みえる化・しくみ化」他多数

今回の研修の目的ℍは、プレゼン力、事業構想力、実現力、引き出し力を研き、コミュニティ リーダー役・プロデューサー役の大切な視点を学ぶ事です。
今の私に足りない事は、事業構想力・実現力・プレゼン力であると感じていますのでこれらの力をつけて「できない」を「できる」に変えられるようになりたいと思います。

まずは、自分の整理です。やるべき事の優先順位を付けました。
今後、取り組むべき事は沢山ありますが、まずは、自分のやるべき事を次の5つ(A〜E)の視点でピックアップしました。

私がピックアップしたのは次の通りです
A五感六育
K皆のやる気のアップ
M子供の責任感を持たせる

B仕事の時間
@議会基本条例作り
Aマニフェスト作り
B議会のインターネット配信
J病院部会 
Lアパート作り
N選挙対策

Cライフワーク
C釣り
Dマラソン

Dパートナー
E畑仕事
I仲良く・聞く

E自己研鑽
F積極性を付ける
G文章をわかりやすく書く 伝える
H言葉のかけ方・話しの聞き方

以上を重要性と緊急度を軸としたグラフに書き込みました。
IMG_1966[1].JPG

❷プレゼンのポイントについて
プレゼンをうまくするには、次のポイントに注意する事だそうです。
@ シンプルにする事
A 感情を込める事
B 意外性を持たせる事
C 具体性を持たせる事
D 信頼性を付ける事
D ストーリー性をつける事


❸事業構想力・実現力について
地域の産業をおこす上で大切な事は、地域を五感(見る、聞く、嗅ぐ、触る、味わう)で感じ調査し六育(知育・食育・遊育・木育・健育・職育)で事業を考える事が必要だそうです。そして、事業をおこす時には情報を共有し、役割を分担し、出番を創出する事が必要だそうです。
役割の分担はしていますが、とかくやらされ感がつきまとい言われた事をこなす傾向になりがちですが、出番を演出し遣り甲斐を感じてもらうような設えが必要だと感じました。
人はそれぞれ持っている能力が違います。年齢、性別、職業、趣味、経験などを要因に得意な事と苦手な事があります。この能力を有効に発揮できる仕組みを作る事が大切です。

今回、事業を考える時に使ったのが下記の表です。
事業構想.png

テーマを設定し@あるべき姿を作り上げる為に必要な事を整理していくのですが、A現状を整理し、具体的な数値目標を設定し、何を何時迄にいくら使って取り組むのかを書き込みます。
今回、私は大月市の持つ東京に近い、富士山への通過点、ふるさと教育を推進している、中学生の職業体験を受け入れる企業が多くリスト化されている、ウェルネスツーリズム事業を行っている事を資源として、教育と観光を掛け合わせた体験型観光の事業化について考えてみました。

IMG_1962[1].JPG

この図表で発表をしました。
IMG_1959[1].JPG

今まで考えたリアルキッザニア大月を膨らませてみましたが、産業と呼べるほどの収益があがるのかという厳しい指摘を頂きました。
健康になる為の長期滞在が出来るように考えてみた方がいいという指摘も頂きました。

今回は、事業構想を考えて実現するために必要な事は何か?を学んだのですが、枠割分担、出番の創出の大切さをしりました。
人がやる気になるような設え、話し合いの時には時間に縛られずはグダグダと、言った事に責任を持たなくても良いなどという常識では考えられない手法もあるという事を知りました。
何かの機会に取り入れてみたいと思います。

今回の参加者は自治体職員 地方議員、NPO代表等で違った視点で様々な発言があり刺激を受けました。
自治体職員の愚痴や本音を聞けたことも面白かったです。



posted by nobuさん at 15:42| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: