小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2017年04月20日

反問権と議員研修

昨日は、午前中、議会基本条例調査特別委員会、午後、議員定例懇談会でした。
議会基本条例特別委員会では反問権について最終確認し、午後に行われる議員定例懇談会で導入する事を全議員に提案し、若干の反対意見もありましたが、導入にする事で合意できました。
反問とは質問の意図や質問内容が分からない時に市長等からわからない事を質問するという事であり、議場における一般質問と代表質問及び委員会において反問できる事になりました。(議会基本条例の制定後ですが・・・)

委員会では議員研修や専門的知見の活用についての議論を行いました。
現在の、議員の研修は常任委員会の視察研修と議員個人での視察研修が行われています。更に、特定の課題がある時には予算のかからない事であれば随時対応していますが、特別委員会の視察などは補正予算を組んで対応しています。
前回、国立国会図書館の講師を招いた時は、講師代が無料であった事もあり、すんなり講師を呼ぶことが出来ましたが、有料の講師を招く時などは議長の決済が必要になります。
北海道芽室町では、議長が年当初に年間お研修スケジュールを立てて予算取りをしている事を例にあげ、提案しましたが、議論した結果、あえなく却下されてしまいました。残念!!!
その理由の一つは、当初予算に盛る事で毎年恒例の事業になる事で、ともすれば必要ない研修を生み出す事になる可能性がある事です。
最終的には必要と思われる研修を議長に提案し、了解を得て補正予算をとる事が出来れば講師を呼ぶ等の研修も可能という事になりましたので、この事をルール化して次回の委員会で提案する事になりました。
反問権についても議員研修についても新たな一歩を記す事ができました。
今後も一歩一歩、議会基本条例制定に向けて議論を重ねていきます。
posted by nobuさん at 15:51| Comment(0) | 議会基本条例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: