小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2017年03月23日

東小卒業式 シュプレヒコールに想う

昨日は大月東小学校の卒業式に参列させて頂きました。
IMG_1800[1].JPG
子供たちの心に残るようにとの思いを込めた卒業式、体育館の中は、卒業生の習字や多くの祝電、花で飾られていて、入場や退場の際の音楽のボリュームにも強弱をつける等、細部にまで気を使ったとても素晴らしい式典であったと思います。
また、子供たちの一生懸命な姿や歌声は本当に微笑ましいと感じると共に地方議員としての決意を新たにする場となりました。
IMG_1799[1].JPG
私も私の子供も大月東小の卒業生なので他の小学校の卒業式に出た事がないのですが、どこの小学校でもシュプレヒコールをやっているのでしょうか?
昨日のシュプレヒコールの中で、卒業生の挨拶運動の姿に感謝する旨の言葉を聞いた時、私が東小PTA会長時代の「明日の大月市の教育を語る会」で採択された挨拶運動が継続している事や約四十年前、私が東小を卒業する時に「マリンランドのイルカの曲芸!」叫んだ当時のシュプレヒコールの事を思い出し、変わらない伝統を感じることが出来ました。

先日、東小と東中が連携し新たな取り組みを開始し県の教育委員会でも注目されていると聞きました。歴史と伝統にくわえどんな取り組みが開始されるのか非常に興味があります。一度詳しくお話を聞かせて頂きたいと思います。
posted by nobuさん at 05:32| Comment(0) | 教育・保育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: