小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2017年02月20日

自伐型林業が始まるかも!

一昨日(2月18日)は、ろはすの森実行委員会主催の森林環境フォーラムに参加してきました。
講師は中嶋健造氏
どんな人なのかというと肩書はNPO法人自伐型林業推進協会の代表理事なのですが、以前、山田政文さん、藤本実議員と私の3人で林業の活性化を目指し視察研修に行った高知県で自伐型林業を提唱している人なのです。(視察時のブログ

自伐型林業に大きな可能性を感じ、推進すべきと考え,私は2015年9月議会の一般質問の中で自伐型林業を提案させて頂きました。

詳しくはこちら 
2015年9月議会一般質問 全文
平成27年9月定例会.docx

当時配布した スマイルレポートVOL12 2015年10月
スライド2.JPG


今回の講演会には石井市長も参加者と一緒に講演を聞き最後に考えを述べておられました。
その中で市長が中島健造氏の本を読んだ事を披露しながら「自伐型林業が基本」との発言もあり、今後、自伐型林業への取組みが開始されるのではと大きな期待を抱かせていただく機会となりました。

中島健造氏は全国各地で公演を行っていてユーチューブにアップされています。
講演内容の基本は同じです。興味がある方はご覧ください。
自伐型林業の動画


今回、前夜には主催者のろはすの森実行委員会の岡部さんにお招き頂き、中島健造氏と懇親をさせて頂く機会もあり、林業の持つ可能性、木質バイオマス発電についての可能性、危険性についてもお話をうかがうことが出来ました。
中島さんは、大月にできるバイオマス発電所は大きすぎる。年間16万トンの木質燃料を集める事は極めて困難だ。無理して集めようとして皆伐(木をすべて伐採する事)する事になってしまうだろう。すると大月市の山ははげ山が増え、土砂災害が起こりやすくなると危惧していました。
一度はげ山を作ると100%助成金にたより植林をしなくては林を再生する事ができません。しかも最低50年は手入れをし続けないと資材として収入をえる事は出来なくなります。
やはり、森を守り、育て、経営する自伐型林業を推進する事を目指すべきです。
バイオマス発電の木質燃料を強引に集めようと皆伐する事だけは避けなくてはならないと思います。
岡山県真庭市でも巨大な木質バイオマス発電を行っています。全国的な先進事例として有名な地域ですが周りには列状間伐された山が現れているとの事です。私の予測ですが、列状間伐は部分的な皆伐であり、次の段階でこの隙間を使い丸太を搬出する為の準備なのではないかと感じました。
いずれにしても列状間伐は高性能林業機械の使用を前提とした手法であり自伐型林業とは相反する考え方であると思います。

posted by nobuさん at 08:18| Comment(2) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全ての木質燃料の調達を大月市で賄うような表現で、理論的な説明もなく不安を煽るような文言を見たのでコメントさせて頂きます。

大月市にできるバイオマス発電で使用する木質燃料については、チップにした物を使用する(持ち込む)と聞いています。
また、チップ加工工場は他県にあると聞いています。
なので、大月市の山の木を切って持ち込んでも、木質燃料としては使用出来ないので、大月市の山がハゲ山になる事は考え難いと思うのですが、如何でしょうか?
→他県の山がハゲ山になっても構わないと言っているわけではありません。事業者もいい加減に発電容量を決めているわけでは無く、根拠もしっかりとしていると思います。(確認した訳ではありませんが、いい加減な根拠では認可も降りないのでは無いでしょうか?)

安定した事業を誘致し、少しでも地域活性の可能性を考え、リスクについては事業者と地域住民で考え対応して行くべきでは無いでしょうか?
また、事業者と地域住民の関係を友好的に保つためにも、行政の方々にご尽力いただく必要があると思います。
それが出来るのが小林市議会議員と思いますので、宜しくお願い申し上げます。
Posted by 匿名希望 at 2017年02月20日 23:55
匿名希望さん
コメントをありがとうございます。
はげ山などの文言は不安をあおるような文言であったと思います。反省致します。
前向きで建設的なブログになるよう注意致します。

おっしゃるとおりチップ工場は他県にありますし、現状は他の場所からチップを持ち込む事を予定しています。すると大月市の山の材木がチップとして活用しにくい状況と言わざるをえません。
大月市だけではなく、もう少し広範囲の地域でバイオマス燃料としての丸太を持ち込む人や業者が要るのかを正確に見込み、その量に見合ったチップ工場(若しくはチップ化する機械・リースでもあると聞いた事があります)がいるのではないかと思います。
自伐林家を育てる上では勿論、A材やB材を売る必要がありますが、C材の販路としてバイオマス燃料とする事も選択肢の一つになると思います。
Posted by 小林信保 at 2017年02月21日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: