小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2017年01月11日

山梨県議会議会基本条例 意見聴取会の傍聴

昨日は山梨県議会が制定を目指している議会基本条例の意見聴取会の傍聴にいってきました。
県議会議員以外の一般参加者は意見を発表する人が19人と傍聴者が約30人程、席はほとんど満席になっていました。

NHK NEWS WEB で動画付きの記事で紹介されています。

19人の方々が5分以内で実に様々な意見を発表していました。
前文に昨年2月議会で流会した事の反省を入れるべきという意見が多数でましたが、一方で条例の前文には反省文はそぐわないとする意見も出ていました。
更に次のような意見が出ていました。
「議員間討論や一般会議という議員同士の自由な討論の開催を規定する文言を入れるべき。」
「定期的という書き方ではなく、期間と回数を明記すべき」
「議長選挙においての所信発表と立候補制を導入すべき」
「政務活動費については、政務活動報告書と領収書のインターネット公開をすべき」
「文章をもっと具体的に書くべき」
「文章が抽象的なので解釈多様化しないように逐条解説を作るべき」
「条例制定後の見直し規定を作るべき」
「請願の際、紹介議員と請願者に発言の機会を作るべき」
などなどです。
今、大月市議会で市民との意見交換の際、話し合いで出た意見を議会がどのように扱っているのかを公開する事の大切さを議論していますが、今回の意見聴取会でも「私たちの意見と、その意見に対する委員長の考えを公開してほしい。」という意見がでました。

しかし、一人ひとりの意見を聴いた後、県議会の委員さん方からの質問をする機会があったにも関わらず、だれも質問をせずに終わってしまいました。「意見聴取会」ですから意見を聴いて終わりです。」と言われればそれまでですが、住民の中でも意見が分かれる事もあったので開催方法を検討しなくてはいけないと思いました。

今回の意見聴取会で拝聴した意見を大月市議会の議会基本条例の制定方法(住民参加の手法等)や条文に活かしていこうと思います。

posted by nobuさん at 06:54| Comment(0) | 議会基本条例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: