小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2016年07月04日

地域包括ケア推進ワーキング

7月1日(金)総合福祉センターで地域包括ケア推進会議の地域づくりワーキングが開催されました。
参加者は社協職員、民生委員、介護事業者、体育協会や文化協会、JC等の宛職、そしてパルシステム、セブンイレブン、まもかーる等の民間事業者や日本郵便などで、一見介護には関係のなさそうに見える事業者も参加しての会議で三十数名を5つのテーブルに分けてディスカッションが行われました。
介護が必要になった方をどうやってケアするのか。介護が必要な状態にならないようにするには何が必要なのか。介護事業者にしてもらう事、住民ができる事、民間事業者にできる事とは何なのか、これらをどうやってコーディネートしていくのか。このような話し合いが行われました。
まずは、現状の大月市で閉じこもらずに、生き生きと暮らすための通いの場、病院や買い物に行く為の移動手段、一人暮しの見守り体制、掃除、草むしり等の日常生活支援体制等について今ある資源を出し合いました。この情報をもとに地域資源マップ(仮称)を作るそうです。
前回までの話し合いでは人材不足という課題をどうやって克服していくのか?という事が最大の課題である事が共通の理解となっていました。今回の話し合いでも、パルシステムやセブンイレブン、まもかーる等の民間事業者も一人くらしのお年寄りの基へ、食材、弁当、等の商品を届けてあげたいがどうやって配送をするのか、という共通の課題を持っている事が分かりました。商店街でも同じ悩みを持っていると思います。みんなで出資して配送システムを確立できれば良いと思います。しかしお年寄りの方々は商品をみて自由に選びたいという欲求がある事から家へ届ける仕組みとは別に移動手段の確保も確保していく必要があります。
地域包括ケアシステムを確立する為には、情報と物流の拠点となる場所を作る事が必要である事が見えてきました。これからは有効に機能するための拠点づくりを目指した事業計画、収支計画を作っていく必要があると思います。
しかし、行政に作ってもらうのではなく、関係している事業者やボランティアーをする意識のある住民が計画を作っていかなくてならないと思います。行政にはその後方支援をやってもらえればと思います。
posted by nobuさん at 10:04| Comment(0) | 医療・介護・福祉・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: