小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2016年02月25日

第3回政策サポーター会議「地域公共交通政策を考える」

2月19日(金)大月区民会館で政策サポーター会議「地域公共交通政策を考える」を開催しました。
これまでの視察研修(三重県四日市の「生活バス四日市」・静岡県富士宮市の「宮タク」・上野原市の「デマンドバス」)の報告と大月市の現状のプレゼンを行い。その後質問を受けてから、3グループに分かれて意見交換を行いました。
IMG_0932[1].JPG
IMG_0930[1].JPG

そこで出た意見や質問は次の通りです。

・現在、おじいさんおばあさん含め子供達を送迎できる親の世代が高校生までも送迎をしている公共交通を意識的に住民が使って行かなくてはドンドン本数が減っていく、
公共交通を使おうと意識改革を促す情報発信を!

・市民の方の意識が行政任せになっている自分たちがどんな生活をしたいのか?市民が自分たちがどう作っていくのかを出す事が必要

・交通弱者のフォローを忘れてはならない

・高齢者の足であるデマンドタクシーをやるかやらないかという点に絞るとシルバーお出かけパスの利用しにくい地域もあるのでシルバーお出かけパスとデマンドタクシーの併用運行を一つの地域で実験をしてみてはどうか?

・赤字補填をして対処療法をしていては財政的にも継続していく事が厳しい

・赤字バス路線の根拠は示されているか。どうやって計算しているのか?

・上野原市秋山から都留市のかかり付けの病院に行っているお年寄りは上野原〜大月〜都留に行っている。

・生活圏でバス路線を考えるために都留、上野原と連携を密に

・飯田市では広域的にやっているようだが都留、大月、小菅で広域的に運用を行うように話し合いができる場所を作るべき

・将来の介護予防という観点から子供の内からバスに載せていいのか?

・昔は歩いていた所でさえスクールバスにのっている。そこまでする必要があるのか?

・大月市はバスが難しい地形である
路線バスで対応する場所と小型やタクシーで対応する場所を具体的に分けていくべき
路線バスで対応できない所の対応策を考えるためには路線バスの利用者の把握が必要

・バスを待っている時間を過ごせる交流の場所を確保したら良いと思う

この話し合いを活かし安心して住み続ける事のできる大月市の公共交通を作る事を目指します。

まずは3月議会の一般質問!!

posted by nobuさん at 06:54| Comment(2) | 政策サポーター会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結果を拝見しましたが、手段に偏っていると感じました。
何故、バスを使って何処に、何をしに行くか?
目的が無ければ、交通整備してもどうかと思います。
また、大月市の未来はどうなるのか?
そこが明確になっていないので、何処に向かえば良いのか?分からないと思います。
ですので、大月市の未来はこうしたい。こうならなきゃダメだを、示して頂きたいと切に願います。
Posted by 天野 at 2016年02月25日 19:01
天野さん
コメントありがとうございます。
「大月市の未来はどうなるのか?」の内、今回は公共交通についての話し合いであるため、目的は車を運転できない方たちの日常の確保であるとおもいます。
アンケートを実施すれば買物や病院へ行く為の足の確保が多くを占めると思います。

公共交通整備は終の棲家としての条件を整備する最低条件であり、他に先駆けた特徴的な取り組みとはなりえないのではないでしょうか?
大月市の未来を創るうえで欠かす事のできないサービスであると思います。

Posted by 小林信保 at 2016年02月25日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: