小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2015年08月31日

第1回政策サポーター会議「高齢者が安心して暮せる地域を目指して」を開催しました。

8月28日 大月区民会館において20名の参加者と共に山梨県の出前講座「健康長寿やまなプランについて」を受講しました。
この企画は、私のマニフェストの中の政策サポーター会議の第1回目という位置づけで皆さんと共に学び政策を考える機会という位置づけで開催いたしました。
まず、最初の約1時間は配布された資料を使い講演を拝聴させて頂きました。
その後は、質疑応答。次から次に質問が出る事出る事!
介護保険料がどのようにして決まっているのか?という質問に対しては、昨年に27年から3年間の介護総量を予測し人数で割っているそうです。ですから特別養護老人ホーム等の施設サービスを充実すると介護保険料が高くなっていくそうです。
介護保険料月額(円)
        第5期 第6期   
1北杜市   3,833  4,000
2大月市   3,917  4,992
3上野原市  4,400  5,000
4山梨市   4,500  5,050
5甲斐市   4,900  5,100
6韮崎市   5,067  5,128
7都留市   4,561  5,183
8富士吉田市 4,787  5,290
9中央市   4,891  5,400
10甲州市   4,809  5,466
11南アルプス市5,096  5,600
12笛吹市   5,095  5,618
13甲府市   5,521  5,873

大月市の介護保険料は山梨県内で2番目に安い事が分かります。
どこの地域も特養への入所の順番待ちが当たり前でありますが。施設を創ればそれは保険料に跳ね返ってくるという事に繋がります。
介護保険料を上げて施設型のサービスを向上させるのか、なるべく保険料を抑えて在宅での介護を充実させるのか。という事を検討し作ったのが第6期介護保険事業計画(27年から29年度)です。
多くの方が在宅での介護を希望しているという現状を見れば、在宅で安心して介護が受けられるようにする事が必要であるという事であると思います。
その為に必要な施策の1つが地域包括ケアシステムです。
理解が出来ない事が沢山ありますのでまだまだ学ばなくてはいけないですね。
posted by nobuさん at 15:15| Comment(0) | 医療・介護・福祉・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: