小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2014年05月13日

ダイアログ「来山会の未来像」withローカルマニフェスト研究所

昨日は来山会の定例会にローカルマニフェスト研究所自席研究員の中村健さんをお招きし来山会の未来像についてダイアログを行いました。
参加者は氏家 隆信(上野原市議会)望月 利樹(山梨県議会)志村 直毅(笛吹市議会)桐原 正仁(前甲州市議会)乙黒 泰樹(山梨市議会)中村 勝彦(甲州市議会)根津 和博(山梨市議会)神山 玄太(甲府市議会)と私の9名、場所は大月市役所にて行いました。
10268601_1921711667969544_4031744520213174852_n.jpg
ダイアログとは対話を意味し、共通理解を見つけ出す手法で、ディベートやディスカッションは討議を意味し意見を戦わせるのだそうです。
ダイアログを行う上で大切な事は自分の意見をしっかり言う事と他人の意見をしっかり聞く事だそうですが、意見を戦わせる必要は無いので相手の意見を聞く事が容易にできるような気がしました。
今回は、第二成人式で行ったように、まずは来山会の未来像について書き出し発表しあい、次に現状認識、現状分析、を書き出し発表しあい、その後、皆で改善方法を話し合いましたが、この手法は非常に話し合いを整理しやすく、改善方法を明確に導き出す事ができるように感じました。参加したメンバーは「皆の考えが多様である事が解った」とか「井戸でもがいていたけれど話して良かった」とか「山梨の政治風土を変えられる可能性だってあるかも」等と言った感想を発表していました。
今後、様々な場面で利用できそうです。

さて研修を終えてから市役所から懇親会場の焼き肉一路(大月駅前)に向かいながらメンバー数人に平和通りの雰囲気が最高にいいね〜と言って頂きました。
特に、「のざわ」「木村屋」!!!昭和の雰囲気を出して何とかしないともったいないとも言って頂きました。「木村屋さんなんて和菓子でしょ〜絶対外国人にうけるよ〜!」だそうです。
そうですよね!!なんとかしましょう!!駅周辺の外国人を平和通りに誘導しましょう!!!!
早速、観光案内所に行ってみます。
posted by nobuさん at 10:31| Comment(0) | 来山会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: