小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2016年07月29日

「桃太郎」は大月市の起爆剤!

皆さん、神木優さんという俳優をご存知ですか?
神木さんのHPには「あなたの桃太郎は真実か?」「童話「桃太郎」をぶっ壊す!」なんて刺激的なキャッチが書かれている非常にユニークな俳優さんです。
で、具体的にはどんな事をする人なのか?というと、桃太郎を題材にして朗読、落語、即興、1人芝居、コント等の多彩なエンターテインメントを1人でこなす素晴らしい才能をお持ちの方!なんです。


その神木優さんが昨日、大月に来て一緒にお酒をのむ機会を頂きました。
13839676_1034679879945645_660616540_o.jpg

この方は日本桃太郎の会の会長さんの松川さん!きさくで奥が見えない不思議な方!
IMG_1287[1].JPG
日本桃太郎サミットなんてものも開催されていて、近いうちに大月市で開催できるように誘致を進めているそうです。

大月で前向きに活動されている方が集まって桃太郎談義に花を咲かせたのですが、桃太郎という童話の見方が変わりました。
なぜ、猿、鶏、犬はキビ団子一つで死をかけて桃太郎についていったのか?
なぜ、人ではなく動物しか桃太郎についていかなかったのか?
鬼を退治して宝物を持ち帰ってきて皆で山分けにするって本当に英雄のやる事?
なんで桃から生まれたの?
帰ってきてから調べてみると、桃太郎について様々な捉え方がある事を知り、神木さんの「あなたの桃太郎は真実か?」という投げかけが理解できました。
私は、昨日の話を聞くうちに教育にも経営、経済にも老後の暮し方にも通じる可能性を感じ、桃太郎は大月市の起爆剤にもなり得る素材であるという認識になりました。
この可能性を追求していこうと思います。
皆さんも桃太郎について一緒に調べてみませんか?
posted by nobuさん at 10:31| Comment(0) | 桃太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

第6回議会基本条例調査特別委員会「目的」

昨日、第6回議会基本条例調査特別委員会を開催しました。
前回の会議においてそろそろ条文の作成も始める時期にきているのではないかという事になり、今回は第1条の「目的」について話し合いました。

他自治体の第1条(目的)をみると「議会基本条例を制定する事で議会・議員の資質や機能を高める事で住民福祉の向上や市政の発展」を目的にしています。
話し合いの中で、わかり易い文言を使おう!という事となり、「住民福祉の向上」という言葉に変わる言葉がないか?という事になりました。
「持続的で豊かな」「住み続けたくなる街」「住しやすい街」「暮らしを良くする為に」
様々な案がでましたがなかなかしっくりくる文言が見つかりませんでした。
次回の話し合い(8月3日)までに相談しながら条文の案を作る事になりました。

そこで私案を!
(目的)
第1条
「この条例は議会運営並びに議員と議会の活動原則に関する基本的事項を定め、議員の資質及び議会の機能を高める事により、住民が安心して快適に過ごせるまちを創り、市政発展に寄与する事を目的とする。」

この案を委員会の方々に伝えて次回の委員会で再度、検討していこうと思います。

次に議会運営委員会の視察でいった館山市で議会基本条例を作った際、全議員から議会改革に対する意見、思いを書いてもらったという事を聞いていましたので、大月市でも同様にと考え、どうやって全ての議員から意見を徴集するかを考えていました。
書いてもらう事はハードルが高いという意見を頂いていたので、発表をしてもらう場所を作ろうと考えました。
そこで作ったのがこのアンケート!
議会基本条例アンケート案.png
このアンケートは自治体の議会基本条例に書かれている議会や議員の改革のキーワードを並べた物で、チェックする事で大月市に必要な改革は何なのかを気づいてもらう為に作りました。更に、◎を付けた項目について全議員に発表をしてもらえば、議員の議会改革にたいする考えを徴集する事ができると考えました。
8月17日の議員定例懇談会でこのアンケートを行った上で発表もしてもらおうと思います。

次回(8月3日)は「目的」の話し合いに「前文」の話し合いを加えて開催します。
posted by nobuさん at 08:54| Comment(0) | 議会基本条例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

掃除&松葉さんのお通し沢山盛り&LIBERTA

先週の土曜日 地域おこし協力隊の林くんが平和通りの松葉さん横の空き家を掃除するという事でお手伝いにいってきました。
岩田さん空き家.png
普段家ではまったくやらない事でしたが、ホコリにまみれジトッと汗をかきながら雑巾がけや窓掃除をやってきました。第2弾3弾の掃除もあるようです。

最近、平和通りが熱くなってきました。
LIBERTAというバーがオープン
旧パナマでも何か始まるという情報
付近でシャワールーム&コミュニティーCaféのオープン予定
続々とシャッターが空き出しました。
それから松葉さんが熱いです。
小鉢5つにビールがついたお通し沢山盛り合わせが650円
松場ちょい飲み.png
Facebookでのランチ情報もお得感満載!

という事で掃除のあとは松葉さんへ直行!
お通し沢山盛り合わせをオーダー!
IMG_1243[1].JPG
お通しだけでビール3杯はいけちゃいますね!
ビールも夏には軽めのものにするというこだわりよう(ハイネケンだったかな?)

その後LIBERTAで我が青春のアーリータイムスを頂いてご機嫌な一日になりました。

大月駅周辺から平和通りやさつき通りの活気を出すゾ〜!
posted by nobuさん at 05:37| Comment(0) | 大月のうみゃーもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

議会基本条例の全体像

7月6日(水) 第5回議会基本条例調査特別委員会が開催されました。
私は今までの委員会の中で他市町村の議会基本例の条文をあえて出さずに議論をしてきました。
条文を提示すると話し合いが深まる前に条文を切り張りような議論になってしまう事を避けたかったからです。
そのような状況の中、これまで議会報告会や自由討議の目的や手法について議論をしてきました。
しかし、議会報告会も自由討議も経験が無いために議論がどんどん広がっていき、議論がまったく収束に向かう気配もありませんでした。前回の議論の中で条文の全体像をつかむ必要があるのではないかという意見を頂いた事から今回は議会運営委員会で視察研修させて頂いた館山市議会基本条例の全文を提示し全体像をつかむ事から開始しました。
第5回議会基本条例調査特別委員会印刷用プレゼン(ページ有り).jpg
館山市議会の基本条例は11章27条で構成されています。
これまで議論をしてきた物を赤い字でしめしましたがまだ3つにすぎません。しかもその3つについても重要性の認識を得ようという段階でしかありません。(でもこの議論が大切なんです!)
今回の話し合いで今後は条文の作成を始める事となりました。
他の自治体の条文をつなぎ合わせ体裁を繕うような事にはならないように議論が深まるような資料を作らなくてはならないと思います。
又、話し合う時に目的は何処にあるのかを常に意識し議事進行をしていきたいと思います。
posted by nobuさん at 15:04| Comment(0) | 議会基本条例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

地域包括ケア推進ワーキング

7月1日(金)総合福祉センターで地域包括ケア推進会議の地域づくりワーキングが開催されました。
参加者は社協職員、民生委員、介護事業者、体育協会や文化協会、JC等の宛職、そしてパルシステム、セブンイレブン、まもかーる等の民間事業者や日本郵便などで、一見介護には関係のなさそうに見える事業者も参加しての会議で三十数名を5つのテーブルに分けてディスカッションが行われました。
介護が必要になった方をどうやってケアするのか。介護が必要な状態にならないようにするには何が必要なのか。介護事業者にしてもらう事、住民ができる事、民間事業者にできる事とは何なのか、これらをどうやってコーディネートしていくのか。このような話し合いが行われました。
まずは、現状の大月市で閉じこもらずに、生き生きと暮らすための通いの場、病院や買い物に行く為の移動手段、一人暮しの見守り体制、掃除、草むしり等の日常生活支援体制等について今ある資源を出し合いました。この情報をもとに地域資源マップ(仮称)を作るそうです。
前回までの話し合いでは人材不足という課題をどうやって克服していくのか?という事が最大の課題である事が共通の理解となっていました。今回の話し合いでも、パルシステムやセブンイレブン、まもかーる等の民間事業者も一人くらしのお年寄りの基へ、食材、弁当、等の商品を届けてあげたいがどうやって配送をするのか、という共通の課題を持っている事が分かりました。商店街でも同じ悩みを持っていると思います。みんなで出資して配送システムを確立できれば良いと思います。しかしお年寄りの方々は商品をみて自由に選びたいという欲求がある事から家へ届ける仕組みとは別に移動手段の確保も確保していく必要があります。
地域包括ケアシステムを確立する為には、情報と物流の拠点となる場所を作る事が必要である事が見えてきました。これからは有効に機能するための拠点づくりを目指した事業計画、収支計画を作っていく必要があると思います。
しかし、行政に作ってもらうのではなく、関係している事業者やボランティアーをする意識のある住民が計画を作っていかなくてならないと思います。行政にはその後方支援をやってもらえればと思います。
posted by nobuさん at 10:04| Comment(0) | 医療・介護・福祉・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする