小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2015年10月28日

DPC係数向上・診療報酬加算取得による経営改革

 DPCとは診断(Diagnosis)と治療・処置(Procedure)の組み合わせ(Combination)の略称で、「病名(診断)」と「提供されたサービス(治療・処置)」の「組み合わせ」によって,さまざまな状態の患者を分類するツール(方法)となります。
そして分類された診療群分類毎に一日当たりの点数が決まっていてその点数に各医療機関別の係数と在院日数を掛けて診療報酬を決定します。
しかし、高度な医療(手術、麻酔、1,000点以上の処置等)があった場合は出来高払いとして加算します
DPCの対象病院の変遷を示す表です。
DPC病院数変遷.png
大月市立中央病院は200床(一般病床144床、療養病床52床、感染病床4床)でありますが、DPCの対象は一般病床(急性期)ですので144床が対象となります。
表の中で見ると100〜200に該当しますので全国の2354の病院の中で373病院(約16%)がDPCに移行している事がわかります。
さてDPCを始めた方が診療報酬が上るのであれば移行した方が良い事は言うまでもありません。

DPCによる入院医療費の計算方法
DPC(診断群分類)毎の1日当たりの点数✕入院日数✕医療機関毎係数+出来高払い
ですから医療機関毎係数が高い病院はDPCを導入すれば診療報酬が多くなる事になります。

では医療機関毎係数とは何なのでしょうか。
医療機関毎係数を決める要素は以下の4つです。
@ 基礎係数 病院を3つの病院群に分け、係数を設定
T群 大学病院(全国に100程度)U群 大学病院並の診療機能を有する病院
V群 その他の病院(約1300程度)
A 暫定調整係数 DPC創設時に出来高払いと包括請求の差を補填する為に創設、平成30年に廃止予定
B 機能評価係数T 医療機関の体制や設備な基本的な機能を評価するための係数、7対1入院基本料や地域医療支援病院などの施設基準を出来高算定した場合の点数を係数化
C 機能評価係数U 診療の実績を機能別に分類して評価、今後、暫定計数に代わって比重が大きくなる。

この係数の中で大切なのはBとCの機能評価係数です。
特にC機能評価係数Uは7つの要素からなっていますが、ジェネリック医薬品をどの位使っているか(後発医薬品係数)、平均在院日数の短縮を評価(効率性指数)、様々な疾患に対応できる総合的な対応を評価(カバー率指数)、地域医療への貢献度を評価(地域医療指数)等です。

大月市立中央病院はこの係数がどの位になるのかを見定めて、更に改善して行けば係数がどこまで上がって行く可能性があるのかを把握した上で判断をすべきであると思います。
posted by nobuさん at 11:13| Comment(0) | 医療・介護・福祉・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

大学連携による日本版CCRC実現の可能性

10月22日(木)都留市役所で行われた「大学コンソーシアムつる設立記念セミナー」を聞きに行って来ました。
まず最初は三菱総合研究所プラチナ社会研究センター主席研究員の森卓也さんの「プラチナコミュニティー構想 大学連携による日本版CCRC実現の可能性」と題した講演でした。

まずCCRCとは何なのでしょうか?(Continuing Care Retirement Communityの略です。)
退職した方が健康で楽しく医療、介護が必要になっても継続して活き活きと暮らし続ける事ができる状態の事だそうです。

都留市の目指している高齢者の一日とはこんな感じです。
その老人はサービス付高齢者専用住宅に住んでいます。
7:00 一緒に暮らしている方々とガヤガヤとおしゃべりを楽しみながら食事。
8:00 居住者と近くのゴルフコースでラウンド
13:00 大学の授業で歴史を学ぶ
16:00 頼られる存在として若者のキャリアアドバイザーとして子供達に読み聞かせ
18:00 麻雀で息抜き
20:00 自治会に参画

このような生活を送る為に必要な事
@ 移り住む為には死ぬまでの安心感が必要なので
介護が必要になった時でも対応してくれる施設や人の確保
A 緑豊かな環境
B 知的刺激が得られる大学の存在
C 頼られる存在として受け入れる地域の存在

等が必要であると思います。

さて都留市には都留文科大学、県立産業技術短大がありますが、来年4月に健康科学大学の看護学部が新設されます。この3校の大学とサ高住を核施設としてCCRCを展開します。
この取り組みは全国的に見ても先進的であり、注目を集めています。このような魅力的な企画を創り発信する事で投資意欲を掻き立て民間事業者がサ高住を始めとする福祉・介護施設を作る事に繋がっていくと思います。
経済効果の試算では、サ高住に住むお年寄り1人が約15万円を使うそうですので
年間1人当り 15万円✕12カ月=180万円
都留市では1000人を目標としているそうですので、18億円の経済効果を目指しているという事になります。
大月市に於いても石井市長が介護の聖地というマニフェストを掲げています。
お隣の都留市で始まったこの様な取り組みを参考にしながらスピード感を持って具体的な施策を構築していって欲しいと思います。
posted by nobuさん at 09:56| Comment(0) | 医療・介護・福祉・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

ボランティア募集中!「SMILE REPORT」の配布をお願いしたいです!!


SMILE REPORTを私の近所を配ってあげるよ!私の店においてあげるよ!

こんな方を募集しています。

SMILE REPORT vol.12の原稿の紙面をリニューアルしやっと作り終わりました。
先日、印刷のお願いをしましたので数日で配布が開始できるようになります。

今回は「9月議会で行った一般質問」・「災害時に有効に利用できる調理器具ロケットストーブの特長」・「決算審査特別委員会に傍聴者」・「倉岳山&高畑山の山登りのお誘い」・「政策サポーター会議のお誘い」・「Smile Cafeのお誘い」・「活動日記」について書きました。
スライド1.JPG
スライド2.JPG
スライド3.JPG
スライド4.JPG

印刷が仕上がれば5,000部の配布を始めます。
posted by nobuさん at 05:18| Comment(0) | スマイルレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

第254回市議会議長会定期総会

昨日(11月22日)10:30より第254回山梨県市議会議長会定期総会に出席してきました。
市議会議長会2.JPG市議会議長会1.JPG

4月14日に開催された前回の定期総会後の会務報告や27年度の今後の予定等について承認されました。
配布された資料の中に都県提出議案という物がありました。
これは各地域で抱えている問題を市(区)議会→県市議会議長会→関東市議会議長会→全国市議会議長会というラインを使って国に対して働きかけるという仕組みであります。(始めて知りました)
今回は、東京都から「認知症への取り組みの充実強化を求める要望」
神奈川県から「小児医療費に関する予算について」千葉県から「地域医療の充実並びに自治体病院経営安定化への支援について」の3つが関東市議会議長会に提出され全国に提出する事が了承されたという報告がありました。
大月市議会では住みよい地域を創るために国や各大臣等に対し意見書を提出をしてきましたが、国等に対し要望する新たな仕組みがある事を知る事ができました。

午後からは議会だよりの原稿作り。9月議会において決まった事の紹介とその際どのような議論があったのかを皆さんにお知らせするページを仕上げる段階にきました。
もう一息でゲラが完成、本日の早い時間に仕上げなきゃ!!

議会だよりの編集が終わらないのに15:30から都留市で行われている「大学連携型都留市版CCRCの実現に向けて」大学コンソーシアムつる設立記念セミナーに行ってきました。
CCRCセミナー2.jpgCCRCセミナー1.jpg
前中に行われた市議会議長会の席で隣に座った都留市議会の藤江副議長からこのセミナーの情報を頂いたので行ってきましたが、素晴らしい講演で素晴らしい事業になるのではないかと感じさせて頂きました。
この事については詳しくまとめ次回以降のブログで紹介したいと思います。



posted by nobuさん at 05:48| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

週末は目白押し

10月17日(土)9:30〜
「明日の大月市の教育を語る会」に出席してきました。
私も数年前には大月東小のPTA会長を務めていたのでこの会の企画にも参加していましたので思い入れもあります。
当時、私は各学校から要望事項を出し合い、そして話し合うだけではなくて自分達、父兄も行動を起こすべきではないかとの提案をさせて頂き、その時以来、挨拶運動をしようという文言が加わり展開され続いている事を見て非常に嬉しく感じました。

その後、軽トラ市
この企画にも数年前、話し合いの段階から勝沼朝一の視察等にも行ったりしながら関わっていたので盛況ぶりをみると嬉しく感じます。私はいつも、夕やけ市をやっている飲食部会の方々と出店し、大月短大生のお手伝いを頂きながらポップコーンを売りました。私は朝のうちに短大生にポップコーノ作り方だけを教えて明日の大月市の教育を語る会に行っていたので開店時にはいませんでしたが、到着すると短大生達は、子供達と目線を合わせ話し、試食を振舞いながら売っていました。
やはり、ポップコーンを売るのはおじさんでは無く若者が似合っていますね。

10月18日(日)11:30〜
恒例の神明秋葉神社の祭典におじゃましました。
神事を行い、その後挨拶をする機会を頂きましたので、地域コミュニティーを保つにはお祭りが大切な役割を果たしている事、そしてこのお祭りがいつまでも続く事を祈念しますと挨拶をさせて頂きました。

午後からは大月区の山の神様のお祭りにおじゃましました。
いつもは沢井地区に向かう途中にある区民公園で行う「なおらい」を今年は区民会館で行いました。夏日を記録するほど暑い日でしたが、室内で行った為、長い時間、多くの方がお酒を酌み交わし非常に良い交流の機会となりました。
議員は早めに退席するのが通例になっていますが、私は最後まで残っていたので締めの挨拶をさせて頂きました。
多くの会議の冒頭、「議員は公務により退席をされます。」と、話し合いが始める前に帰る事が当たり前になっています。4月の区の総会の時に私は「別に公務は無いんだけど!」と感じた事もあったので、「今、大月区ではどんな事が起こっているのかを聞く大切な機会なので残らせてもらえないでしょうか?」とお話をさせて頂きました。

posted by nobuさん at 06:16| Comment(0) | 研修報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

懐かしい昭和のラーメン屋さん「宝来軒」

久しぶりに大月のうみゃーもんです。
今日は、宝来軒さんに行き味噌ラーメンを食べてきました。
IMG_0383.JPG
少年野球をやっている頃、試合が終わると連れて来てもらったのがここ宝来軒さん(と南京さん)当時から店構えはまったく変わって無く、細い路地に面して建っている為か昭和の雰囲気が色濃く漂う店です。
IMG_0380.JPG
味噌ラーメンというともやしとひき肉を炒めて味噌スープと合わせますが、宝来軒では細かく切った豚バラ肉、キャベツ、もやし、ニンジンを炒めてスープと合わせてあり味噌タンメンと言った方が適切かもしれないですね。炒める時にニンニクを使っているのか定かではないですが、パンチの聞いた風味のある味付けで面は味噌にしては珍しく細麺を使っていてとっても美味しかったです。
IMG_0386.JPG
場所は大月商店街の大月堂さんと履物の石川さんの駐車場の脇の小道を南側に入って行くと右側にあります。専用の駐車場はなさそうですが近くにコインパーキングがありました。
IMG_0382.JPGIMG_0381.JPG
メニューにある(特性)肉揚げラーメン、(特性)芋揚げラーメン、(特性)ミックスラーメン、お勧めのこがね焼きそばなどどんなラーメンかをググってみたら食べログにミックスラーメンとこがね焼きそばの情報がありました。
http://tabelog.com/yamanashi/A1905/A190501/19001160/dtlphotolst/1/smp2/
駅からも近いですので昭和の日本を味わいに行って食べて感じてみてください。

posted by nobuさん at 14:22| Comment(0) | 大月のうみゃーもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

ナンと私が講師役!シオジの森の学校「ロケットストーブ作り&ランチ」

10月3日・4日の2日、シオジ森の学校の企画「ロケットストーブ作り&ランチ」の講師役を務めさせていただきました。
ロケットストーブ集合写真.png
2月、予行練習で1台作成し、4月にオープンキャンパスでプレゼンを行い募集した結果
2日間で32名の参加者を頂き、ととても楽しく充実した時間を過ごす事ができました。
4月のオープンキャンパスではロケットストーブを使った里山暮らしの楽しさを感じてもらう為にこの動画を見てもらいました。是非見てみてください。
NHKエコチャンネル(里山に眠るエネルギー1)
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?did=D0013771441_00000

さてロケットストーブってどのような特徴を持っているのでしょうか?
ロケットストーブ構造.pngP1000724.JPG

ヒートライザーと呼ばれる垂直の燃焼部を使って高温で完全燃焼をさせるのが特徴です。
比較的簡単な構造にもかかわらず、昔の薪ストーブと比べて燃焼効率と熱の回収効率が格段に良くて、使う薪の量を大幅に(約半分以下に)減らすことができます。
断熱材が入っている為周りが熱くなりにくい事や軽く持ち運びもできる事、比較的簡単に作れる事や小枝や建築廃材や松ぼっくり等の燃料の調達が容易にできる事から用意しておくと災害時に便利に使う事ができますよ!

さて今回の企画は、子供とお母さんの参加も予測していたので、如何にケガなく、子供やお母さんでも自分で作ったんだという実感を持ってもらう為にスタッフがあまり手を出さなくて済むように使いやすい道具を用意するのかという事に気を使いました。
非常に役立ったのがこの段付きのドリル
FullSizeRender.jpg
中心に穴をあける事で煙突を通す穴をあけやすくなるので手を貸す機会が大幅に減ったのではないかと思います。

そして皆さんケガなく作成しお持ち帰り頂く事ができました。
参加してくれた真木在住のお母さんは、地域で使い、災害時に有効に使える事を皆に知らせるよ!と言って頂きました。
御太刀のお父さんは、帰って早速子供と湯豆腐を食べました。という話も伺う事ができました。
地域の防災グッズとしても役立つロケットストーブを親子で協力して作成し調理し食事をする。この一連の流れは親子で防災について話す機会や現代社会の便利さの再認識にも繋がります。
とは言いながら一番は薪で苦労して炊いたご飯を食べたその美味しさが一番の楽しみであった気がします。
さて今回の材料
ペール缶  x2
ステンレス煙突
半直筒  x1
エビ曲  x1
T曲   x1
バーミキュライト
  18Lx2.5袋
P1000712.JPG

好評を頂いたこの企画の第2弾を計画しようと思います。
さて、いつ頃にしようかな〜?
posted by nobuさん at 09:26| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする