小林信保と皆の笑顔があふれる大月にする会 交流ブログ

2014年08月30日

平成26年度 第1回中央病院運営委員会 傍聴

今日は平成26年度 第1回大月市立中央病院運営委員会が開催され傍聴をさせて頂きました。
議題  1 平成25年度大月市病院事業会計決算(案)
    2 市立中央病院改革プランの進捗状況・評価について
    3 今後の病院運営について
    4 既存施設改修工事の進捗状況について
    5 その他

1 平成25年度大月市病院事業会計決算(案)については
(収益)
医業収益 合計17億2121万円
          内訳
            入院収益      8億7822万円
            外来収益      7億1449万円 
            その他医業収益   1億2850万円 

医業外収益 合計6億4508万円(一般会計からの繰入金 5億8512万円含む

収益合計 23億7280万円

(費用)
医業費用 合計25億144万円         内訳
           給与費      14億5923万円
           材料費       3億6975万円 
           経費        4億6307万円 
           減価償却費     1億1751万円
           上記以外の費用     9188万円
医業外費用 合計 6703万円
費用合計 25億7458万

(収益)23億7280万円―(費用)25億7458万円=−2億178万円
これを見て頂くと中央病院には一般会計から5億8千万円以上の繰り入れをしながらも更に2億円以上の赤字を計上しており実際には7億8千万円以上の赤字を出している事になります。
入院患者は一日平均で77人(前年比2%減)、外来患者は一日平均で237人(前年比13.15%減)、病床利用率は27.8%。
収支については患者の減少があり、経費節減に努めたが2億178万円の純損失となったという報告がありました。

この説明のあと以下のような質疑がありました。
Q 経費削減に対し努力した部分の説明を
A 明確に無いが、医療機器の保守点検費用を上げないように努力した
Q CT MRIの保守点検費用は4000万円位になる。この事は予想していたはずである
A MRIの保守点検費用は初期投資の費用に含んでいる。その金額は1800万円だったと思う
Q 一般会計からの繰り入れが無ければ7億〜8億円の赤字で医療収益が30億円無ければ赤字になると思う。今、医療は厳しい状況になる事が予測できる。黒字化するというのは2枚舌だ。市民をだます事になる。
A 繰入を基準内に留める事が出来れば良しとする事がよいのではないか。
Q へき地医療は止した方がいいのでは?
A 小菅へのトンネルが開通すれば視野に入れなければならなくなる。今までやって来た事をすぐに止すような事は出来ない。
 大月市立中央病院は立地的に新宿から1時間の田舎町で地域医療を研修医が学ぶのに優れている場所である。在宅医療を学ぶために研修医が来ている。
Q 中央病院は在宅医療にまで手を出さずに町医者に任せて欲しい。中央病院は町医者の後方支援病院であって欲しい。
A 中央病院で受け入れた研修医を町医者に派遣する事も出来るのではないか。
Q 目標値の設定の根拠は 
A 事務方が黒字化をするために必要な数字を入れていると思う。目標値の設定に関しては事務方と医師の打ち合わせが必要だと思う。
改革プランでは31年度に黒字化する目標を立てている。医業収益を28億円に設定している。
Q これから医師は余ってくる。毎年医大から25人が卒業してそのうち20人が残ったとすれば5年で100人の先生が育つそうすれば県内の病院に3人から5人位の医師が配属できるはずである。だから、医師よりも先に看護師の数を増やす事を優先すべきだ。
A その通りだと思う。



この後、今後の中央病院の運営についての中で、地域の町医者、介護事業者との連携を強化し地域完結型医療をめざし、一般病床を84床に減らし地域包括ケア病床を60床、療養病床を52床、感染症病床を4床とする方針である事が説明されました。

傍聴させていただいて本当に良かったと思います。
この活発な議論を聞いた上で今度は議会で質問をさせていただきます。
posted by nobuさん at 06:52| Comment(0) | 医療・介護・福祉・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

平成26年度第一回国民健康保険運営協議会

昨日は平成26年度第一回国民健康保険運営協議会が開催されました。
主な議案は、平成25年度の決算見込みについてでした。

歳入合計は34億1865万円(前年34億1726万円)
歳出合計は33億5262万円(前年33億9935万円)
でありましたので黒字決算にする事ができました。

歳入の中で皆様から徴収する国民健康保険税は昨年の決算額より約1200万円減の7億6147万円で22.3%を占めます。
それ以外の大きな財源は国庫支出金7億8639万円(23%)・県支出金1億6026万円(4.7%)・一般会計繰入金2億5162万円(7.4%)・共同事業交付金3億9476万円(11.5%)などがあります。

歳出の中では保険給付費は昨年の決算額より3062万円増の23億1502万円(69%)でありました。
この数字は、人口が大きく減少していく中でも高齢者が増えている事から医療費が多くかかってしまっている事を表しています。

さて、25年3月に作成した大月市第2期特定健康診査等実施計画の中で達成しようとする目標について特定健康診査受診率を25年度は40%以後毎年5%づつ引き上げて29年度には60%に設定しています。しかし、昨日の説明では前年並みの28.3%に止まっている事がわかりました。
計画の中で受診率を上げる為の手法は「個別通知、受診券、市の広報、CATV、ホームページ、各種イベント時の活用等、あらゆる機会をもって行い特定健康診査・特定保健指導の普及・啓発に努める。」
としている物の結果がついてきてはおりません。どこに問題があるのかをしっかり検証して今後の普及・啓発につなげていって頂きたいと思います。

posted by nobuさん at 09:36| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

農業委員会の業務

8月22日 農業委員会総会に出席してきました。
総会というと年に一回の承認や報告をする形式的ものであるイメージなのですが、農業委員会では毎月行う話し合いの事を総会と言っています。

農業委員会の主たる3つの業務は@農地の売買や貸借の許可A農地転用案件への意見具申 (意見をつけて県に上げる)B遊休農地の調査・所有者の意向確認です。


昨日は、@農地の売買や貸借の許可(農地を農地として使う場合の権利移動)
B農地転用案件への意見具申(農地を宅地等他の目的に使用する場合の権利移動)の申請に対し協議をおこないました。

農業委員会に申請があると担当地区の農業委員が現地調査を行い総会で調査した内容を発表し委員が許可するか否か話し合いをおこなうのですが、昨日は4件の申請に対しすべて許可する事に決しました。
又Bの游休農地の調査・所有者の意向確認は、今年は梁川、富浜、猿橋を行う事になるようですが、所有者の意向調査については今年から始まる新たな試みであるそうなのでどのような手間がかかるのか予測がつかないそうです。

まずは農業委員会の職務をしっかり把握したいと思います。
posted by nobuさん at 11:59| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

中央病院の待ち時間を何とかしなきゃ2

「中央病院の待ち時間を何とかしなきゃ」という題でブログを書きましたが、今回はそのつづきです。

前回のブログで取り上げたアジルコアという会社の「スマートアウトペイシェント」という仕組みを取り入れた千葉西総合病院の記事が《2025年に生き残る為のリーダーズマガジン『医療経営CBnews manegement』》に掲載されました。
https://core-line.biz/news.pdf

この「スマートアウトペイシェント」とはスマホのアプリの一つで病院の待合室にある順番待ちの数字を表す画面をスマホで見る事ができる仕組みです。
記事の中で病院を新しくした千葉西総合病院ではこのアプリを導入した経緯を説明しています。

第一に挙げているのは待ち時間のイライラを減らすためにできる事は無いか?という観点です。
病院を新しくした当初、待合室に順番を示す案内板が無かったそうですが、その時には患者さんのイライラは相当なものがあったそうですが、自分の診察までの待ち時間を表示する掲示板が設置されたらそのイライラの減少が図れたそうです。更に投書でスマホで掲示を見られるようにしてほしいとの要望があり、検討を開始したようです。
そして2つの案の検討をしたそうですが、その二つは私が前回のブログで取り上げたメールで待ち時間を知らせる仕組みと千葉西病院で取り入れたスマホで見られるアプリの方法です。
結果的には「スマートアウトペイシェント」になったわけですが、その理由は、メールで時間を知らせる方法は着信拒否設定がしてある場合に支障をきたす事がある事がありクレームに繋がる事、時間を知らせても救急が入ったり、診察が長引いたりしたりする事があり、時間を正確に予測し知らせる事が難しいし、大幅に狂った場合にはやはりクレームになる可能性がある事だそうです。
一方、「スマートアウトペイシェント」は、病院の待合室にある表示板を院外でも見る事ができる仕組みであり、その表示を見て、患者さんが順番と時間を自分で予測する仕組みであるために病院が待ち時間の予測をする事が無いためクレームになりにくい事があるそうです。
又、待合の画面に順番の表示だけでなく病院側の発信したい情報を映す事で有効な情報発信ができる効果もあるそうです。時間つぶしに医療関係のクイズなんかも発信できるそうです。

さて、中央病院が新しくなって患者さんが増えれば比例して待ち時間が増える事に繋がります。
それ自体は、慎重且つ丁寧な診察をしてもらう為にはやむおえないと思います。だからこそ、病院内の待ち時間を減らす(病院の外で待ち時間を過ごしてもらう)ための取り組みが必要になると思います。
院内待ち時間を減らす事は院内感染の減少にもつながります。更に患者さんのイライラが減れば先生や看護師の方も働きやすくなると思います。

9月1日には山田政文議員、藤本実議員、中央病院の職員の方と千葉西総合病院に視察に行き、どんなメリットやデメリットがあるのかしっかりとみてきたいと思います。


posted by nobuさん at 09:26| Comment(0) | 医療・介護・福祉・保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

喜楽のラーメン・チャーハン

今朝、5時にジョギングに出かけるとrun仲間のY先輩とバッタリ!
一緒に24キロ(戸沢月待ちの湯まで)走ってきました。
帰りにはお腹が減った〜〜という状態!

朝飯はいつも通りご飯を一膳食べたが、なんだかすぐにお腹が減ってきた。
よーし今日の昼食はがっつり食べるかな〜〜  ヨシッシャ「喜楽に行こう!」

喜楽は混むので11時には家をでて早めにGO!

場所は20号の鳥沢駅前の信号を北へ入りすぐの右側。車でも電車でも解りやすいです。
気r九.JPG

喜楽に着くとお店にはもう常連さんらしき人が2名と四畳半の部屋に親子連れ。

私はテレビのすぐ近くの2名掛けの席へ

たしかラーメンとメンチとライスってのが常連さんのおすすめだと聞いていたが、お盆期間はメンチは無し!という事でガッツリ飯の王道「ラーメン・チャーハン」をオーダー!

5分位でチャーハン(¥650円)がでて来る!
喜楽チャーハン.JPG

喜楽の名物と言えばチャーシュー、チャーハンは濃い目の味付けでこのチャーシューが使ってあるのでガッツリ系の人にはもってこい!

続いてラーメン(¥550円)がでて来る!
喜楽ラーメン.JPG
見た目は色が濃くてしょっぱそうに見えるが煮干しがたっぷり使ってあり舌の奥の方で甘みのある出汁の味を感じる。
やっぱり「美味い!」

作業服を着た人や親子連れで帰る頃には店は満席。でも喜楽には奥の座敷が3部屋ほどあり続々とお客さんが入ってくる。やっぱり「東の喜楽、西のいなだや」だな〜!!

奥の座敷や2階は宴会にもってこい!!
私も毎年数回、宴会で来ています。
posted by nobuさん at 16:03| Comment(0) | 大月のうみゃーもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

「スマイルvol.3」発行しました。

会派スマイルの広報紙 ”スマイルVol.3”が出来上がりました。

私は、市議会議員が何をやっているのかを市っていただき、そしてもっと身近に感じてもらいたいと考え、市議会定例会の開催の度、議員個人としての広報紙”smile report” 会派スマイルとしての広報紙”スマイル”を発行してきました。
市議会議員に当選して以来、今回のスマイルvol.3は合計で12回目(smile report9回+スマイル3回)の広報紙発行になります。

8月13日の朝、新聞に折り込みますので是非、ご覧下さい。
スライド1.JPGスライド2.JPG
posted by nobuさん at 07:20| Comment(0) | スマイルレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

神山玄太議員の挑戦

一昨日の山梨日日新聞の1面と27面に来山会(未来の山梨を拓く議員の会)の同志である神山玄太員ともう一人の30代の方が甲府市長選に立候補するとの記事が出ていました。
記事の中には「全国の自治体では20代〜30代の若手の首長が相次いで誕生しているが山梨県内ではいまだゼロ」「新人が現職の進退表明に先行するのは異例な事」と書かれています。立候補するという話しは聞いていましたが、こうして記事になると改めてすごい決断をしたものだと感じました。
私が大月市議会議員に立候補の決断をしたのは3年前の節分の日です。当時、どのようなマニフェストを掲げようか?自分のHPをどんな物にしようか?と考えている時にインターネットで全国の議員の方々のHPを参考にしようと調べました。その時に見つけた神山玄太議員のHPは、28歳(当時)の若者らしく見た目のイメージも良いですが、その内容、マニフェストは群を抜いて素晴らしく、私に大きな影響を与えてくれるものでした。
その後、私は市議会議員に当選し、来山会(未来の山梨を拓く議員の会)の仲間に入れて頂く事になり、神山玄太議員ともそこで始めて会う事になりました。それ以来、彼は「第2成人式」や参議院選挙での「ネットで主張2013参院選やまなし」など様々な企画や研修でも中心的役割を果たし私に大きな影響を与えてくれる存在です。
又、私が政治の道に入るキッカケとなった本「生活者起点の行政改革」の著者であり元三重県知事の北川正恭さんが顧問を務めるローカルマニフェスト推進地方議員連盟にも共に入会している事もあるせいか「議会報告会の開催」、「積極的な情報公開」、「 議員同士の討論の推進」「 自らが守るべきルール(議会基本条例)を作る」、「議会主導の事業仕分けの実施」等多くの政策が一致しています。

昨日は正式に出馬表明の記者会見を行うのを見に行ってきました。
沢山の報道機関を前に堂々と話すその姿はまぶしかったです。期待感ありますね!!


posted by nobuさん at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

はじめての農業委員会

昨日、初めての農業委員会が大月市民会館4F会議室で行われました。
改選後、初めてという事で委員長と職務代理者の選出と議席の決定が行われました。
大月市の様々な会議に出ると良くある事なのですが、委員長の選出方法や人選について事務局や経験豊富な方々で予め決めておき、事務局案を提案してもらい承認を得て決定していきます。しかし、今回の農業委員長の選出については、まったく事前の調整がおこなわれておらず、選出方法から意見を求めるという手法をとっていました。
選出方法については、まずは各地域の代表者を選出し次のその代表者の中で話し合いを行い委員長を決定してはどうかとの提案がなされました。
次は、無記名投票の選挙にしてはどうかとの提案があり、多数決の結果、無記名投票の選挙にする事に決定しました。私は勿論選挙が良いと思いそちらに手を挙げました。
次は自薦他薦による立候補の受付ですが、経験豊富な2名の方が推薦され選挙になりました。
さて今度は投票という場面ですが、失礼ながら私はその2名の方を良く存じ上げず、何を根拠に投票するのか判断基準が無かったので、手を挙げて、現状の大月市の農業の問題点や抱負などを語って頂きたいと意見をすると、仮の議長さんは、良い意見だと賛同して下さり、早速、候補者二人に農業や農業委員会に対する思いを発言する機会を作ってくれました。
とっさの提案に対してもお二方とも短いながらも思いを感じさせる素晴らしい演説をして頂きました。
私はその判断基準を基に投票をする事ができた事を非常に嬉しく感じました。
小学校の会長選挙でも立ち合い演説会が当たり前に行われている事を考えれば当たり前なのですが、この当たり前の事がなかなかできないのが大月市の現状です。
農業委員会のこのスタンスは良いものは良い、悪いものは悪いという当たり前の話し合いができる環境にあるのだと認識をさせて頂きました。

この本を配布して頂きました。
IMG_4027[1].JPG
しっかり熟読して頭の中に入れようと思います。
posted by nobuさん at 18:27| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする